2014年07月11日

売り方次第

このブログでは、商品のつくり方が基本的なテーマですが、売り方も大切です。


いや、むしろ売り方のほうが大切です。


同じような商品でも販売元の販売スキルにより、売り上げが全く違ってくることはよくあります。


よく売るお客様に、「何でそんなに売れるのですか?」と聞いたら

「欲しいヒトのところに、分かりやすく欲しいモノですよ。お得ですよ。と伝えることかな。」

とおっしゃる。


その通りなのでしょうが、それが難しいのですよね。


そんな時ニュースを見ていたら素晴しいケーススタディがありました。


某号泣県議です。詳細は述べませんしこのブログはその善悪を問うことがテーマではありません。

ここで取り上げたいのは、その素晴しい選挙戦略についてです。


彼は、4回つづけて選挙に落選しましたが、5度目で見事に当選しました。

何故でしょう。


それは選挙区の気風に合った人物像で自分をアピールすることに成功したからです。


ニュース番組では、その選挙区はベテランの老練な候補者よりも若くて改革派を自認する人が受かりやすい傾向があったそうです。

そこで維新の会を名乗り行政の無駄遣いを糾弾する改革派として自分を売り込み、見事に当選を果たしました。


4回落選する候補でも自分に合った選挙区、売り込み方を工夫すれば当選することもあるのです。

同じ人物であるにも関わらずです。


このことからも貴社の商品も売り方次第で大ヒットするかもしれません。

傾向と対策を明確にし、戦略を立ててみてはいかがでしょうか。



企画部:北


posted by 京都真創企画部 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。