2014年10月31日

印刷付きの個分包も小ロットでご対応することができます!

以前に、このブログでもご紹介しました

印刷付きのアルミ袋ですが、好評を頂いております。


やはり、商品は見た目も大切なのだと痛感しています。


弊社では、印刷付きの個分包もご提供しています。

seal_stick.jpg

三方シール・スティック分包


三方シールの場合は、サイズが、50×70mmの分包で、

約7万2千包から印刷付きでご対応することができます。

30包入りの仕様なら約2,400製品からです。


人間は、中身が大事ですが

商品は、見た目も大切です。


お気軽にお問合せください。

お待ちしております。


※印刷付きフィルムのみの販売はしていません。

 合わせてOEMの案件もお願いします。
posted by 京都真創企画部 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年10月24日

死んでいる乳酸菌!

健康食品に使用する乳酸菌には、「生菌」と「死菌」があります。

つまり、生きている菌と死んでいる菌です。


死んでいたら摂取しても意味がないのでは?

とお思いになる方も多くおられるでしょうが、

乳酸菌は死菌でも効きます!


なぜなら生菌を摂取しても胃酸でその多くが死んでしまいますし、

乳酸菌の健康に対する効果は、死菌にもあるからです。


乳酸菌の死菌は、腸内の生きている乳酸菌のエサになることにより

そのはたらきを助けますし、乳酸菌生産物質(乳酸菌が生成する物質。

免疫力向上や腸内環境の改善に役立つ)は、死菌を濃縮した原料に多く含まれているからです。


また、死菌は高濃度に濃縮することが可能です。

(生菌は濃縮すると死んでしまうため高濃度に濃縮できない。)


ですから、非常にインパクトがある菌数を配合することができます。

極端な例をいえば、1日分に死菌を1兆個以上配合することすらできます。

(原価は高くなってしまいますが...。)


生菌のメリットは、

「生きている乳酸菌配合!」と分かりやすくポジティブな訴求ができることです。


乳酸菌は、貴社の売り方にあわせて「生菌」と「死菌」を選んでください。
posted by 京都真創企画部 at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年10月03日

小ロットの印刷付きアルミ袋が好評です。

弊社のホームページで、

「オリジナル印刷付アルミ袋を小ロット約4,000枚から」

とご案内をしているのですが、大好評です。


弊社は、健康食品の受託製造企業ですので、

アルミ袋のみのご依頼はお断りしているのですが、

日によっては、このアルミ袋のお問い合わせの方が多い日すらあります。

よろしければ、健康食品の製造とあわせてお問い合わせくだい。


企画部:北
posted by 京都真創企画部 at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。