京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2015年05月29日

付録(オマケ)で釣る

「付録で釣る作戦」は、古典的ですが非常に効果的なマーケィング手法です。

特に子ども向けの商品にはとても有効です。

例えば、私の記憶をさかのぼれば、
お菓子のオマケのシールとかミニ玩具があります。
お菓子ではなくシール目当てで子供は、親に「買ってよ」とおねだりします。

また子供向けの学習雑誌(小学○年生etc)や学習教材の通販などは、
子供に付録を気に入らせて「勉強するから買ってよ。」と
親にねだらせるように工夫をしています。

子どもにとっては、その商品から得られる目的や利益よりも、
わくわくするもっと直感的な「欲しい」が重要だからです。


この付加価値作戦は、当然、昔子どもだった大人にも通用します。

例えば、アイドルグループのCDに人気投票券や握手券を付録にする手法です。

通常は、CDはひとりにつき1枚しか買わないものですが、
この付属特典目当てに何十枚も同じCDを購入する
熱狂的ファンも多くいるそうです。

彼らにとっては、応援するアイドル(推しメン)を上位に上げたい。

そして間近に見て、手を握りながら話しかけるという、
普段の生活では味わえない特典なのでしょう。


私が若い頃、好きなアーティストCDを買ったのは、
純粋に彼らの音楽を聴きたい、集めたいというものでしたが、
もはや隔世の感すらあります。


そして、大人の女性も付録は大好きです。

ファッション雑誌の付録のブランドコラボ小物が
大きく売り上げを左右するらしいです。


恐らく女性誌はターゲット層が細分化されているので、
同世代を狙ったライバル誌に勝つためには、
誌面内容+αが必要となってくるのでしょう。


このように、性別や幼少を問わず我々は付録に釣られまくっているのです。

主力商品以外にも、顧客に合わせたノベルティにも
力を入れてみるのもいいかも知れないですね。
posted by 京都真創企画部 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年05月22日

ブルー・オーシャンを探しましょう

ここ最近、海外産の牛肉が高騰しています。
安さがウリの某牛丼チェーンまでもが値上げをしています。

円安のせいでしょうか?
消費税の税率アップのせいでしょうか?

これらの要因も若干はあるのでしょうが、
一番の理由は、中国が高値で牛肉を輸入しまくっていることです。

なんと、今の中国では牛肉の需要がすごい勢いで伸びていて
国産(中国産)のみでは追いつかず、輸入も盛んに行っています。

多少高くても飛ぶように売れるので、気前良く高値でオーストラリア
やニュージーランドからガンガン牛肉を輸入しているそうです。

その結果、日本が必要な分を輸入しようとしても
(中国が高値の良い条件で買いまくっているので)
もう安くでは、売ってもらえなくなってしまったのです。

今までは、牛肉は(海外から)買え買えと責められていたのに、
最近では、中国に買い負けて、
「(この値段で)買わないなら、別にいいよ...。」
と言われているのです。


中国ではなんと「牛肉」を食べたことがない人が数多くます。

中国では、豚肉や鶏肉はよく食べられますが内陸の方では、
「牛肉」を食べる文化がそれほど盛んではなかったのです。

そして現在、急速に中国に牛肉の需要が増しています。
牛肉の料理が大流行しているのです。
まさしくそこにブルー・オーシャンが広がっているのです。

マーケティング用語で、
競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン」
(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)、
競争のない未開拓市場を「ブルー・オーシャン」
(青い海、競合相手のいない領域)
と言います。

と、言われても競争のない未開拓市場なんてどこにあるの?と思いますよね。
私もそれには激しく同意します。

でも、私達が見付けられないだけで確実に存在はするのです。
健康食品の市場も20年〜10年前くらいまでは、ブルー・オーシャンでした。
しかし、現在は成熟した市場に成長を遂げようとしています。

それでも、弊社のクライアントの中には
今までだれも考えなかったジャンルの商品を開発された企業もありますし、
(私は健康食品の開発をお手伝いを十数年させていただいておりますが)
それでもまだ、初めて聞くような非常にマイナーなジャンルの健康食品もあります。
(※守秘義務のため詳細を書けないことを申し訳なく思います。)

売り方でも、商品でも、使い方でもかまいません。
ブルー・オーシャンをなんとか見付けたいものです。


健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年05月15日

損して得とれ

1543年に、鉄砲は種子島に伝来しました。

ポルトガル人が中国船に乗って売り込みに来たのです。

種子島の島主、種子島時堯はポルトガル商人が持っていた鉄砲二丁を大金を出して購入し、
一丁を刀鍛冶金兵衛に託して製造を命じたところ、なんとたった1年で国産化に成功してしまいました。

当時は、戦国時代。多くの領主が強力な武器を求めていました。

大いに需要があると見込んで、売り込みに来たのでしょう。

しかし、たった1年でコピー商品を製造されてしまいその目算ははずれてしまいます。

鉄砲自体は、売ることが出来なくなってしまいました。
そして、戦国末期には日本は世界最大の鉄砲保有国になってしまいます。

ポルトガル商人は、商売に失敗してしまったのでしょうか?

否。結果的には、暴利といって良いほど大もうけをすることができました。

なぜかというと、鉄砲本体も玉も国産することができましたが、
火薬の原料である硝石は、当時の日本で全く算出しなかったのです。

国内で全くとれないものは、今も昔も輸入に頼らざるをえません。

だから、非常に高値で鉄砲を保有する大名達に硝石を売りつけることができたのです。

損して得とれと言う言葉が、ありますがまさしくそのお手本のような話しです。

大航海時代の冒険商人おそるべしです。

彼らを見習って長いスパンで設けるビジネスモデルを思いつきたいものです。
posted by 京都真創企画部 at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ