2015年05月29日

付録(オマケ)で釣る

「付録で釣る作戦」は、古典的ですが非常に効果的なマーケィング手法です。


特に子ども向けの商品にはとても有効です。


例えば、私の記憶をさかのぼれば、

お菓子のオマケのシールとかミニ玩具があります。

お菓子ではなくシール目当てで子供は、親に「買ってよ」とおねだりします。


また子供向けの学習雑誌(小学○年生etc)や学習教材の通販などは、

子供に付録を気に入らせて「勉強するから買ってよ。」と

親にねだらせるように工夫をしています。


子どもにとっては、その商品から得られる目的や利益よりも、

わくわくするもっと直感的な「欲しい」が重要だからです。



この付加価値作戦は、当然、昔子どもだった大人にも通用します。


例えば、アイドルグループのCDに人気投票券や握手券を付録にする手法です。


通常は、CDはひとりにつき1枚しか買わないものですが、

この付属特典目当てに何十枚も同じCDを購入する

熱狂的ファンも多くいるそうです。


彼らにとっては、応援するアイドル(推しメン)を上位に上げたい。


そして間近に見て、手を握りながら話しかけるという、

普段の生活では味わえない特典なのでしょう。



私が若い頃、好きなアーティストCDを買ったのは、

純粋に彼らの音楽を聴きたい、集めたいというものでしたが、

もはや隔世の感すらあります。



そして、大人の女性も付録は大好きです。


ファッション雑誌の付録のブランドコラボ小物が

大きく売り上げを左右するらしいです。



恐らく女性誌はターゲット層が細分化されているので、

同世代を狙ったライバル誌に勝つためには、

誌面内容+αが必要となってくるのでしょう。



このように、性別や幼少を問わず我々は付録に釣られまくっているのです。


主力商品以外にも、顧客に合わせたノベルティにも

力を入れてみるのもいいかも知れないですね。
posted by 京都真創企画部 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。