京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2015年06月26日

世はまさに大ダイエット時代!

新聞の折込チラシやCSのインフォマーシャル、
インターネットの追跡広告など、
毎日大量のダイエットサプリの宣伝を目にします。

需要があるところに供給は生まれます。

弊社にもダイエットサプリの依頼がよく舞い込みます。


今ダイエットが大流行です。

某プライベートジムのビフォーアフターのCMは
とても訴求力があります。

実際変身した姿はかっこいいですからね。


特に若い女性はダイエットが大好きです。

正直、若い女性(20才代くらい)で
とても太った方を見かけることはあまりありません。



下の表は、厚生労働省のデータなのですが、
なんと20才代の女性では肥満は、10.7%しかいないではありませんか!
しかし、やせは21.5%もいます。

unnamed.gif
厚生労働省 平成 25 年. 国民健康・栄養調査


このデータを見ると、女性はダイエットが本当に好きなんだなぁと感心しました。

しかも、やりすぎている傾向があります。


実際に、男性同士の猥談では
「あの子、もうちょっと肉があった方がいいよな。」
とせっかくの努力を否定するような
失礼極まりない会話がよく繰り広げられています。


女性も
「なにも男にもてるために痩せるのではないわ。」
と女性同士の美の競争もあると思います。

(男女間の美的基準が違うのはよくあることです。)


結論から言うと、20代、30代の女性の約90%はダイエットなんて不要です!

私が言っているのではありません。

厚生労働省のデータを素直に見るとそうなるのです。


しかし、日本の女性は美に対して非常に貪欲で
しかも努力をしていることがよく分かります。


私個人的な意見では、ダイエットサプリは基本的には不要だと思っていますが、
彼女らの美や痩せていることへの欲求を満たす
(あるいは満たすと期待してもらうことができる)商品を
いかに提供するかが、売り上げを増やすためには
必要なことは間違いありません。


世はまさに大ダイエット時代!

ですが、そのダイエット...本当に必要でしょうか?
posted by 京都真創企画部 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年06月19日

食事の欧米化は悪なのか?:常識を疑ってみる。

「食事の欧米化により〜」という文章をよく見かけます。

〜の後には、食事の欧米化により生活習慣病が増えたとか、
肥満が増えたとか、野菜不足になったといったネガティブな文言がつづきます。

「食事の欧米化で日本人が不健康になった!」
と言うのは今や健康食品を販売する上での決まり文句になっています。

たしかに現在の日本は長寿大国で平均寿命は、世界一です。

それに日本食が貢献していないとは言えませんし、
食事は体の健康の源ですから日本食が健康に良いことは
間違いないことだとは思います。

しかし、不健康の元凶とされる欧米化された食事は、
そこまで目の敵にされなければならないほど健康に良くないのもなのでしょうか?


そんなこともないような気がします。


私は、外食も多く欧米化された食事も大好きですが、非常に健康です。

そこで、各国の平均寿命を調べてみました。

↓↓興味のある方は、リンク先の資料を見てください。

【参照:平均寿命ランキング・男女別順位―WHO世界保健統計2014年版

あまり生活レベルが違うと比較にならないのでG7のみ抜粋します。


平均寿命男女
日本   84歳
イタリア 83歳
フランス 82歳
カナダ  82歳
イギリス 81歳
ドイツ  81歳
アメリカ 79歳


こうしてみると、日本はたしかに長寿ですが、
同レベルの経済力の欧米諸国も十分に長寿なのです。


本家本元の欧米食を毎日食べている人々が長寿なのですから、
食事の欧米化をそこまで「健康の敵」として悪く言う必要も無いと思います。


しかし、日本とアメリカでは平均寿命で5歳も差があるので、
アメリカの食事は、日本より不健康な気がします。


(医療保険制度などが全く違うので、食事のせいのみにはできませんが…。)
しかし、日本人は奈良時代から穀物、魚介類、野菜中心の食生活で、
牛や豚などの動物は、明治になるまでほとんど食べていませんので、
日本人の体には米、野菜、魚を中心とした
日本食が合うようになっているのかもしれません。


実際に、先祖代々野菜や穀物をたくさん食べていたので、
これらを消化するために日本人の腸は欧米人に比べて長いそうです。
平均寿命のみを見ると、欧米化された食事なのかとか日本食なのかよりも
適量(たべすぎや過度のダイエットをせず)を栄養のバランスを考えて
食事をするのが健康に良いように思いました。

また、肥満は健康によくないですが、やせている人よりは、
少しぽっちゃりしている人の方が長生きしやすい傾向があるそうです。


フランス議会では痩せ過ぎモデルの活動を禁止する法案が通ったり、
日本でも『マシュマロ女子』という言葉で、
新たな市場を広げようとする雑誌もあります。


常識を疑ってみて、逆説的に他社と差別化した広告を考えるのも
面白いかもしれません。

(例)「ちょいぽちゃになって長生きしよう♪太りやすくなるサプリ○○」

※上記は、冗談です。
posted by 京都真創企画部 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年06月12日

売り続ける人は、みんなやっています。

こんにちは。株式会社京都真創の北です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

先週は、商品(健康食品)の値段の決め方について書かせていただきました。

商品の価値は、スペック(有効成分の配合量)だけで決まるのではありません!


もし、そうであるのなら「有効成分の価格÷配合量、日本最安」を訴求している
DHC以外の健康食品メーカーは、全く売れないということになってしまいます。

たしかに、DHCの売り上げは巨大ですが、全ての成分、ジャンルにおいて
売り上げがNo.1ではありません。


つまり、多くの健康食品購入者は、スペックや安さのみで
商品を選んでいないということなのです。


極論を言えば、初回は高額でさえなければ熱意と勢いだけでも
商品はなんとか売ることはできます。


しかし、大切なのは売ったあとに顧客から買った後に
「良い物を買った。」「物に比べて安かった。」と思っていただくことです!

そうすれば、再注文や定期購入に顧客を誘導することができて
安定的な収益を上げることができます。



では、どうすれば顧客の「買ってよかった。今後もづづけて購入したい。」
という気持ちを持続させることができるのでしょうか?


それは、販売方法にもよりますが購入後のケアにつきます。

電話やメール、商品発送時の同梱物などの充実が必要です。



健康食品は、飲んで1週間で5kg痩せるダイエット食品も
飲んですぐに元気になる精力系サプリも存在しません!


どんなに有効成分を多く配合しても長く愛用していただくことによる
体質改善を目指すものしか製造することはできません。


ですから、高品質な商品であっても何の説明もなく何の同梱物もなく
商品だけを送りつけたところで、顧客は「効かないじゃん」と思うだけです。


だから、売る時だけでなく、顧客に永遠にその商品の良さを
語りつづける必要があります。


最初に、爆発的な売り上げを記録して徐々に売り上げが減退して
健食市場から撤退する販売元には、それが分かっておられない場合があります。


商品の価値は、宣伝+商品+ケア(同梱物)の合計です。

弊社にお問合せをくださるクライアントは、全て商品開発には情熱的です。


しかし、宣伝とケアは商品自体よりも大切です。

商品開発のスタートと同時に宣伝とケアの内容についても開発を始めてください。

売っておられる販売者は、みんなこれらのことに力を入れています。


同梱物の開発については、
平凡なスペックにも関わらず売れている商品を購入して、
同梱物や購入後のケアをご自分で体験することにより方法論を盗んでください。

私に、メールをくださったらオススメの商品をお教えします。

気になる方は、お問い合わせフォームに、
「他社研究、オススメ商品希望」と書いてください。
posted by 京都真創企画部 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。