京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2015年07月31日

お客様のお声は聞きすぎてはいけない

よく「お客様のお声を聞くことが大切」といいますが、
商品開発の時には、そのお客様のお声をそのまま鵜呑みにしてはいけません。


また、その通りに商品を企画すれば、売り上げは時の流れととも少しづつ減少していきます。



なぜなら、商品に対するアンケートを返してくれるお客様は、その商品のコアなファンだからです。

例えば、ゲームソフトならそういうお客様に要望を聞けば、もっと複雑で難しくして欲しいと答えるでしょう。

そのゲームの世界観を熟知しているからこそ、操作性を一から覚える必要もないからです。

しかし、そういった要望に応え続けていけば、続編が出るたびに高難易度やマニアックになってしまいまいます。

コアなファンなら当然そのゲームをやりこんでいるので問題はないのでしょうが、
初めてプレイする人からしたら難しすぎて敷居が高くなってしまいます。

だから買った後の評価レビューも微妙になりますし、それを参考にした新規のライトユーザーは買うのを躊躇します。

大きな声のみを相手にしていては、いずれマニア以外が買わない内容になってしまうのです。


ユーザーの市場調査というものは、商品開発においてとても有用ですが、
あえてアップルのように市場調査を一切しないという方法もあります。



例えば、iPhone6の場合がそうでした。

私も購入を検討したので、インターネットでの反響を調べたのですが、
「iPhone6は、画面のサイズが大きくなるので嫌だ!」
という声が圧倒的に多かったのです。

しかし、発売前のネットでは非難轟々だったiPhone6ですが、
今までのシリーズの中で最高の売り上げを記録しています。

つまり、ネットで大きな声で発言していた人たちは、購入しなかったのかもしれませんが、発言はしなくとも購入した人は非常に多くいたのです。


このように既存のお客様の要望を聞くことは非常に大切ですが、
売り上げを伸ばすためには、今まで一度も買ってもらっていない新規の顧客を獲得しなければなりません。

情報を集める時は、限られたソースだけではなく、
例えば、奥様やお子さんなどの身近にいるけど、
製品に精通していない人などに幅広くリサーチすることも大切だと思います。

思わぬ「使い方提案」が発見できるかもしれません。

---
励みになりますので、ご意見やご感想等をいただけると幸甚です。

ご質問やご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by 京都真創企画部 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年07月24日

幸せになれるペンダント

以前に、このブログで、
売れないなら、チラシやLP(ランディングページ)に
笑顔のお客様(愛用者)の写真を足すようにおすすめしました。
「笑顔」を足しましょう

もし、売れないチラシやLPでお悩みでしたら
「笑顔」を足すだけで反応率は、良くなるはずです。

サプリの購入者は、サプリ自体を欲しいわけではありません。

サプリを飲んで得られる結果、そして結果の先の幸せを欲しているのです。

例えば、ダイエットサプリです。

当然ながら購入者は、やせたいのです。

しかし、購入者が求めているのはやせることではなく
やせたその先に得られるものです。

ダイエットサプリの購入者の大半は女性ですが、
彼女らが求めているのは、彼氏をつくりたい。

かわいい服を着て女友達に自慢したい。

もっとキレイになって好きな人から褒められたい。etc

では、ないでしょうか?

もっと極端な例があります。

漫画雑誌の背表紙裏によく広告が載っている、
いわゆる「幸せになれるペンダント」です。

「これを身に付けると、お金も異性もおもいのまま!」
と書いてあって、男性が札束の中に埋もれてバンザイしてたり
美女に取り囲まれてどや顔をしているやつです。

非常にうさんくさいですが、これがまた売れるそうです。

少なくとも広告費以上には、売れているのでしょう。

数十年前から同じパターンの広告がずーと載っています。

もちろん私は、幸せになれるペンダントを売ることを推奨したりはしません。

しかし、ジャンルを問わず売れている商品の広告は、
分かりやすく顧客の欲求を刺激する内容になっていると思います。

また、単品通販大手のある販売元様は、
実際に体験談を寄せてくれたお客様を直接社員が訪問して
より深堀りした体験談を取材したり、
満面の笑顔の写真を撮らせてもらっているそうです。

サプリの購入者は、サプリ自体を欲しいのではなく、
その結果得られる幸せを求めていること意識してください。

---
励みになりますので、ご意見やご感想等をいただけると幸甚です。

ご質問やご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by 京都真創企画部 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年07月03日

サプリは、クロスセルで売ろう!〜ついでにサプリもいかがですか?〜

もはや健康食品業界は、一部の大企業を除いて
バブリーな時期は終わりました。

これからは、工夫がなければ
健康食品の販売で利益を得ることは困難だと思います。



「新規事業でサプリ(健康食品)を売りたいので、作って欲しい。」
という引き合いを非常にたくさん頂戴しています。

そのなかで、成功された販売元様も失敗された販売元様もおられますが、
思い起こしてみると非常に失敗する確率が高いシュチュエーションがあります。



それは、
私が、「どこでの販売を想定されていますか?」とお聞きしたときに

「とりあえず、インターネットで通販をして売りたい。」

「とりあえず、通販で。」

とお答えになられた販売元様のほとんどは、
すでに健康食品販売から撤退されいます。



なぜなら、通販はすでに過当競争になっていて、
CPOが2万、3万円と非常にコストが必要になってしまっているからです。
(※CPOとは、コスト・パー・オーダー、広告費÷購入件数のこと。
 1件の新規顧客獲得に必要なコストのことです。)



大手単品通販企業は、ここから定期購入に誘導して
1年以上の期間をかけて収益を得るようにしていますが、
あなた自身やあなたの上司は、事業を黒字転換することができるまで、
1年も2年も赤字を出し続けることに耐えられるでしょうか?


その覚悟があるのなら、いいと思いますが、
でなければそれ以外の販路をお考えになられた方が
よいのではないでしょうか?


では、どこで売ればいいの?

というお話になりますが、
人と人とのつながりがあるところならどこでもOKだと思います。


誤解を恐れずに申し上げれば、サプリはついでに売ればいいのです。

バーガーショップのポテトと同じです。

「ついでにサプリもいかがですか?」

と言って売ればいいと思います。


そして、実はそういう販売手法をとられている販売元様で
売り上げが伸びています。

例えば、エステサロンや整骨院、医院、フィットネスクラブなど
直接お客様に接する業種がそうです。

直に商品の良さを伝えることができるので非常に売れやすいのです。

また、定期購入に誘導すれば毎月の安定収入になります。


店舗ではなくとも、毎月特定多数の人に接するお仕事をしている方に
委託すればどうでしょうか?

高額なマージンを支払えば喜んで売ってくれるのではないでしょうか?

そこから定期購入に誘導できるのであれば、
販売員に定価3,000円の商品に対して
3,000円のマージンを支払ったところで
容易に利益を出すことができます。


これから、健康食品業界に新規参入をお考えの方は、
とりあえず、今あなたがお持ちの人脈を
どう健康食品の販売に生かすことができるのかを考察してみてください。

もしかしたら、今までだれも気がつかなかった販売ルートや
販売方法を構築することができるかもしれませんよ。
posted by 京都真創企画部 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ