京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2015年08月28日

メディアの平均利用時間

総務省の平成26年版情報通信白書に興味深いデータがありました。

メディアの平均利用時間です。

まずは、下記の表をごらんになってください。

blog0828.png
[出典:総務省|平成26年版 情報通信白書|主なメディアの利用時間と行為者率

非常に興味深いのは、20代以下の年代では利用時間で
ネットがテレビを追い越しつつあることです。

スマートフォンの普及により低コストかつ手軽に
ネットにアクセスすることができるようになったからでしょうか。


また、60代では、まだまだTVの利用時間が
他のメディアと比べて圧倒的なことがわかります。

毎日、TVを5,6時間も視聴しています。

年代ごとに、各メディアの利用時間の傾向が異ってることが面白いですね。


これは、20代以下の年代と、60代年代との
ライフスタイルの違いがよく表れているといえるでしょう。

若い世代は、スマホなどを携帯し、どこにいても

常にネットにつながることができる環境を生きています。

対して、圧倒的な60代を筆頭に、
30代までがテレビ(リアルタイム)視聴が多いというのは、
家にいる時間が多いという仮説が読み取れてきます。

恐らく、30代なら主婦で育児をされている場合、
テレビをつけながら家事をするという光景は想像できますし、
60代であれば、定年退職されて家にいる時間が増えていることは確実です。


私たちの40代と50代は、
アニメやバラエティ、ドラマの内容が
仲間との会話を弾ませてくれた世代なので、
やはり情報はテレビから得るのが習慣化されています。

実際、私は仕事が終わり帰宅すると、
テレビでプロ野球ナイター中継を見ています。


そう考えると、単純に利用時間のみで比較できるものではありませんが、
各年代ともネットの利用時間が増えてきている、
つまりライフスタイルが変わってきていることは間違いないことでしょう。


健康食品の販売でいえば、60代と30代以上の主婦を狙った商品なら
テレビCMが圧倒的に効果を上げることは確実です。

対して、20代などの若い世代を狙うなら、
テレビではなく、ネット広告が効果を上げることは間違いないでしょう。


このように、今回引用したようなデータは、
省庁が大規模なものを毎年収集して白書などで発表してくれています。
無料ですので、是非確認して参考にしてみてください。


情報通信分野は、総務省
健康に関しては、厚生労働省
消費者問題などに関しては、消費者庁
posted by 京都真創企画部 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年08月21日

通信販売用の商品はアルミ袋で

商品は、見た目も大切です。

通信販売用の商品は、アルミ袋の仕様が主流です。

理由は、発送時の送料を節約することができるからです。

コンパクトなためメール便や郵便での発送も可能なのです。

(メール便と運送便では、かなり大きな価格差があります。)



小ロットの場合は規格品のアルミ袋に、ラベル対応が普通です。

袋に直接印刷してある方がカッコイイのですが、その場合は、
フィルムの時点からオリジナルで作らないいけないので多くのロットが必要でした。

袋のサイズによりますが、2万〜3万袋くらいが最少ロットです。


弊社では、印刷付きのアルミ袋を4,000枚程度から手配することができます。

これまでは、アルミ袋にラベルを表裏貼る仕様でお受けしておりましたが、
オンデマンド印刷技術の向上で、アルミ袋でも高級感のあるデザインを実現しております。

他業種の方でも小ロットでの印刷付きアルミ袋は需要があるようで、アルミ袋のみのお問合せもよく頂戴します。

(※健康食品の製造をともなわない袋のみの引き合いはお断りしていますが...。)

ご興味がありましたら下記リンクをご確認ください↓↓↓

オリジナル印刷付アルミ袋付健康食品を小ロット約4,000枚から



価格帯の設定は、お客様の満足度にあったものであるべきです。

販売単価が3,000円以下の通販なら、価格にこだわるお客様が多いので、
送料の負担も大きいのでメール便が選択できる発送方法や送料も踏まえた商品設計にすると喜ばれます。

高額な商品の場合は、付加価値を重視されるお客様が多いので、
化粧箱やパッケージにも価値を体現する設計にこだわるとご満足いただけます。

栄養成分など、中身の設計も重要ですが、ご利用のニーズに合わせた
使いやすいパッケージデザインであるとか、発送方法などサービスも含めたトータルで商品です。

顧客満足を高める工夫は、様々な部分で可能です。

パッケージに関するお問い合わせはコチラからどうぞ↓↓↓

オリジナル印刷付アルミ袋付健康食品を小ロット約4,000枚から
posted by 京都真創企画部 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年08月07日

スマホとPCの利用率が逆転しました。

平成27年7月17日に総務省から
「平成26年通信利用動向調査の結果が発表されました。

これは、全国レベルでのインターネット利用状況の調査です。

タダで閲覧できるデータですので、是非ともご確認ご活用ください。


↓下記のURLから閲覧することができます。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/150717_1.pdf



我々、健康食品業界の人間が刮目すべきポイントは2点あります。


1点目は、高齢者も日常的にインターネットを使用しているということです。

インターネット利用状況:60〜69才:75.2%、70〜79才:50.2%
と最近の高齢者は、インターネットなんて普通に使っています。

高齢者向けの広告を打つときには、インターネット広告も十分に有効です。


2点目は、インターネット使用時の端末が、30代以下ではスマートフォンが パソコンから逆転して1位になったことです。

つまり、貴社のホームページや商品のLP(ランディングページ)は、
恐らくパソコンからよりスマートフォンからのアクセスが多くなっているはずです。


とりあえず、貴社が販売している商品のLPをスマホから確認してください。

もし、ページが見にくかったり使いにくかったのなら、それはチャンスです。

すぐに改善してください。

それだけで売り上げが上がるかもしれません。

すでに、LPがばっちりスマホ対応が出来ているのなら
貴社のWeb担当者は非常に優秀ですから褒めてあげてください。


しかし、依然としてPC用にLPをつくって
それをスマホ用に転用している販売元様が非常に多いようです。

つまり、今のところライバルもバッチリ対応できていないところが多いということです。

もし、貴社のスマホ対策がまだ、あるいは不十分なのでしたら早急にご対応ください!
posted by 京都真創企画部 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ