2015年10月23日

秘書が1月1万円?

弊社のクライアントは、ホームページに「初心者大歓迎」と訴求してあるせいもあって
他業種からの新規参入や起業されたばかりのクライアントが多くおられます。

必然的に、起業時は少人数の場合が多いのは当然です。

社員は起業した社長ただ一人ということもよくあります。

全てを自分ひとりでやらなければならないので、本当に大変だと思います。

また、事業が軌道にのるまでには従業員を雇用するを躊躇されるお気持ちもよく分かります。

しかし、ご本人にはよほど仲良くなってからではないと申し上げにくいことがあります。

それは、電話が通じにくいことです。

会社にお電話をすると、社長の携帯電話に転送するようにされている方が多くおられますが、
大事な商談中などではもちろん電話に出られないこともあります。

大抵は、着信履歴を見て折り返しお電話をくださるのですが...。

BtoBの場合は、当面は元々保持している人脈を使ってビジネスをするというのであれば、
事情を察してもらえると思いますが、新規のお問い合わせやBtoCの場合は、
チャンスロスを生じてしまうかもしれません。

そこで、今は「秘書代行サービス」というものがあって
電話番号を登録しておけば、代わりに電話応対をしてくれるサービスがあります。

「秘書代行サービス」で検索すると安いところは、
1月1万円で電話100件までOKというところまであります。

また、通信販売スタート時の簡易コールセンターとして活用することもできます。

事務員を雇用するよりも、圧倒的に安いですから
起業ほやほやの方は、一度検索してみてください。
posted by 京都真創企画部 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年10月09日

会社名の表示は、日本語で。

今までは、問題が全くなかったことでも
担当省庁から表示についてご指導をいただくことがごく稀にあります。

今回は、会社名についてです。

パッケージに販売者名を表記しなければならないのですが、
その販売者名が「英名」であった場合に、「カタカナ」か「ひらがな」で
表記するように指導されることがあるそうです。

例えば、
鰍jYOTOSINSOU
は、
鰍jYOTOSINSOU(キョウトシンソウ)
あるいは、
潟Lョウトシンソウ
と表記しなければなりません。

従来は、こういったことで指導はなかったのですが、
厳しくなっているようなのでご注意ください。
posted by 京都真創企画部 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。