2016年06月24日

パワーリハビリ

「パワーリハビリ」というのを下記の記事を読んで知りました。
介護といえば、食事や入浴の解除など生活のサポートが主ですが、この「パワーリハビリ」は、ジムにあるようなトレーニングマシーンでトレーニングをして筋力アップをさせることによって利用者の動作機能を維持させるというものです。

青森県弘前市の介護施設が「パワーリハビリ」を取り入れたところ約8割に介護度を改善したり重症化を防ぐ効果があったとのことです。また、弘前市も専用マシーンを購入する施設に補助金を出すなど積極的に後押しをしています。これは、利用者にとっても利用者の家族にとっても非常に素晴らしいことではないでしょうか。介護度が改善されたら、利用者が減るという懸念もあるでしょうが本当に利用者のためになりますし、回復した筋力や動作機能を維持させるために利用者も通いつづけるのではないかと思います。

弘前の介護施設が「パワーリハビリ」導入(東奥Web)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160621014690.asp

フィットネスというと私の認識では、裕福層がダイエット目的でやったり肉体美を目指す方がするものと思っていましたが、ほぼ同様のトレーニングが要介護の人々のリハビリに活用にされていることに驚きました。

日本の人口比は、今後老人の人口がどんどん増えていきます。フィトネスクラブを経営されている方で経営が思わしくない方は、思い切って顧客を老年層に絞り込んだら繁盛するかもしれません。


posted by 京都真創企画部 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。