2008年06月18日

人が与えるもの

昨日学生時代の友人と久しぶりに夕御飯を食べに行きました。
大阪の福島区をブラブラ歩いていたのですが、立ち飲み屋や串カツ屋といったこじんまりした飲み屋さんがたくさんあって平日にも関わらず賑わっておりました。

最近、若者向けの和と洋を組み合わせた創作料理を出すお店が増えている中、昔ながらの居酒屋(チェーン店ではなく)で軽くお酒を嗜むのが楽しみの一つになってきました。

8時くらいにとあるお店に入ったのですが、既に店内は9割ほど席が埋まっていて、そのほとんどが「おっちゃん」と言われる人たちでした。

そのお店は「串カツ専門」とのれんに書かれているのですが、店に入るとカレーライスを食べている人がいたり、「うどん・そばあります」と書かれた紙が貼ってあったりしてそれだけで酒の肴になりそうなものです。

そんな店内でおっちゃんたちに挟まれ友人と軽く飲み始める事に。
他愛もない近況報告や知ったかぶりの時事に関してあーでもないこーでもないと愚痴をこぼしていると、酔っぱらったおっちゃん三人が「にいちゃんら若いのに難しい話してるな」と話しかけてきました。

この3人のおっちゃん、もうすぐ還暦を迎えるそうでして。

30歳の2人が倍近い歳の3人に生意気にも今の社会について意見したり諭されたりしながら1時間ほど一緒に飲んでいたのですが、店に入った時よりも出たときの方が元気になっていました。

友人も同じような事を言っていましたが、こういったふれあいが出来るから昔ながらの居酒屋でお酒を飲むのが楽しみの一つになったんだと思います。

最近、理解できない殺人事件が多発し報道される容疑者の生活環境などを聞くと、やはり人とのふれあいが足りてないんじゃないかなと感じてしまいます。また、まわりも閉鎖的な空気を作っているのかもしれません。

人が人に与えるエネルギーはプラス面でもマイナス面でもかなり大きいです。
同じ人と出会うのであれば良い方向に向かいたいものです。

結局それはビジネスでも同じことですが、企業間の付き合いも人と人との繋がりです。そこから何かを得るには受ける方も与える方も構え方次第で大きく変わるはずです。

多くの出会いを良い形に。

弊社は常にそう考え行動しています。

健康食品OEMなら京都真創へ

▼ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。▼
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ




posted by 京都真創企画部 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログ/会社について このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。