京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2008年10月28日

富山大・中村教授の挑戦について考える



インクジェット・プリンターの技術を応用して人間の臓器を作製する。

そんな途方もないことを研究されている教授がいらっしゃるそうです。

富山大学大学院理工学研究部の中村真人教授は、家庭用プリンターのインクジェットのインク粒子が人間の細胞の細胞とほぼ同じだと気づいたそうです。

その時点で既に凡人にはできない天才的着想なのですが、記事では中村教授の経歴が書かれています。

小児科医として心臓疾患を抱えた子どもたちを日夜診療していた中村氏は、従来の治療法が合わなかったり、症状が重くて治療できない子どもがいることに気付いた。だが、「彼らが死ぬのを見ているしかなかった」という。将来は医療が進歩しより多くの命を救えるとの望みに掛けていたが、「待つべきではない」と医師を辞め、技術発展に貢献しようと研究者になった。


ここで取り上げたいのは、中村教授の動機です。

小児科医時代に医療の限界へのジレンマを感じ、ただ技術が進歩するのを待つよりも自分がその技術を作りだすという強い想い

そのことに我々は感動するのだと思います。

弊社が携わっている健康産業にせよ、また家電製造メーカーにせよ、多くの人々に認知された企業や商品には、根本的な利他の心がベースにあります。

「一人でも多くの人々のお役に立ちたい。」

その言葉がただの額面だけでなく、信念となっていたのなら、

その事業は名誉と実益を兼ねた素晴らしいものとなるのでしょう。


健康食品OEMなら京都真創へ

▼ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。▼
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ





posted by 京都真創企画部 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。