2009年02月27日

ブルー・オーシャン戦略と男性用下着〜甲冑パンツで勝負!!〜

こんにちは、企画部の北です。

1万円近くもする(男性用)パンツが今売れています。

その名も甲冑パンツ「志道

戦国武将が着用した鎧や家紋のデザインをモーチーフしたパンツだそうです。

織田信長」「豊臣秀吉」「真田昌幸」「井伊直政」「伊達正宗」「徳川家康」「森蘭丸」「武田信玄」の8種類があります。

見た目は、非常にカッコイイ!です。


また、新素材「BLESS BANDAGE」を使用しておりフィット感があるにもかかわらず、通気性が高くムレにくいのが特徴だそうです。従来の「綿・ポリウレタン混紡生地」と比べ、約7倍もの通気性あり非常にはき心地も最高とのことです。

発売元のログイン株式会社様のHP
http://www.sido-collection.com/を拝見していると、私も欲しくなって思わず「織田信長」の甲冑パンツ9,240円也を購入しそうになりました。

大事な商談の日にはいていって「今日は桶狭間の戦いだ!!」と自分に気合を入れるのもアリだと思います。
歴史小説(特に司馬遼太郎)が好きな私としては非常に心引かれます。(残念ながら売り切れでした・・・。)


最近よく聞くマーケティング理論に「ブルー・オーシャン戦略」があります。

競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海)」とし、競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン(青い海)」を切り開くべきだと説く。そのためには、顧客にとってあまり重要ではない機能を「減らす」「取り除く」ことによって、企業と顧客の両方に対する価値を向上させる「バリューイノベーション」が必要だとしている。そのための具体的な分析ツールとして、「戦略キャンバス」などを提示している。

従来からよく知られているマイケル・ポーターの競争戦略が、「事業が成功するためには低価格戦略か差別化(高付加価値)戦略のいずれかを選択する必要がある」としているのに対し、ブルー・オーシャン戦略では、低コストと顧客にとっての高付加価値は両立し得ると主張している。

ブルー・オーシャン戦略―ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

ブルー・オーシャン戦略とは、競争の無い超ニッチを狙ったり(例:メンズブラ←今のところ取扱いは多分1社のみ)、従前とは違う戦場で競合との直接対決を避ける(例:任天堂Wiiの他社のゲーム機のような高性能化による差別化では無くゲーム機の新しい遊び方の提案)といった戦略です。

今回ご紹介させて頂いた「甲冑パンツ」もブルー・オーシャン戦略の成功例のひとつといえるでしょう。1枚9240円もする男性用パンツが飛ぶように売れるとはスゴイですよね。

よろしければ、貴社も京都真創と一緒にブルー・オーシャン戦略で商品を開発しませんか?

甲冑パンツ」や「メンズブラ」のようなヒット商品を世に送り出しましょう!!

健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。