京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2009年03月02日

「技術プラスα」〜野村克也 超一流への軌跡〜

こんにちは!企画部の北です。

昨日、楽天の監督である野村克也氏の「あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将」という本と拝読しました。
(監督の器とは何か?WBC問題に端を発した監督選考。リーダーの資質と条件を徹底分析する野村監督独自の監督論。全球団の監督を敵将が徹底評論する! )といった内容です。


その中で、野村克也氏が現役プレーヤー時代にどうやって壁を突き破って一流のプレーヤー(名キャッチャーにして強打者)として変貌をとげたかを紹介されていました。

彼のプロ野球人生は、テスト生上がりでブルペンキッチャーからのスタートです。つまり、入団当時は、全く球団から期待されていなかった。
彼は、認めてもらいたい一心で人の2倍3倍練習をしてレギュラーのチャンスを勝ち取り、打率3割を達成します。

しかし、次の年から2割5分しか打てなくなった。マークがきつくなったからです。

そこで野村氏は、ご自分の打撃技術の限界を悟りました。
「オレの技術では、これ(打率2割5分)が限界だ」と。

そこから野村氏の「ID野球」が生まれます。
敵のデーターを徹底的に分析し、それを元に最も高い確率を選択して実行する。
(今では当たり前のことですが、当時のプロ野球では革新的なアイデアです。)
かくして彼は超一流のプレーヤーに変貌をとげます。

MVP:5回(1961年、1963年、1965年、1966年、1973年)
三冠王:1回(1965年)※戦後初。
首位打者:1回(1965年)
本塁打王:9回(1957年、1961年 - 1968年)※9回獲得、8年連続獲得はいずれもパ・リーグ記録。
打点王:7回(1962年 - 1967年、1972年)※7回獲得、6年連続獲得はいずれもパ・リーグ記録。
ベストナイン:19回(1956年 - 1968年、1970年 - 1973年、1975年、1976年)
          ※通算19回受賞は、史上最多。
ゴールデングラブ賞:1回(1973年)

(※引用:野村克也―Wikipedia

彼は、誰よりも多くの練習をこなしたうえで自分の技術の限界を謙虚に認めたのです。
そして新しい取り組みを独自に始めて、新しい活路を見出したのです。
そこから、超一流のプレーヤーとしての記録と名監督への道が開けたのでないでしょうか?

私は、拝読して己に対しての甘さを痛感しました。

基本のレベルまでは、根性も気力もがむしゃらさも大切です。
(私などまだ「限界を認める」レベルにまで達していませが、)
しかし、プロとして一流を目指すのであれば、「技術プラスα」が必要です。

己の限界を認める

正しい方向性

新しい活路を見出す

技術プラスαの努力
・・・

勉強になりました!

貴社にとって、貴方にとっての「技術プラスα」は何でしょうか?
混迷の時代、気合と根性だけでは乗り切れません。
我々も、謙虚な気持ちで「技術プラスα」を追い求めます!!

健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115019425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

野村克也 うたばん
Excerpt: 野村克也/野村監督語録集〜名将かく戦いかく語りき〜商品価格:2,500円レビュー平均:0.0 「技術プラスα」~野村克也 超一流への軌跡~昨日、楽天の監督である野村克也氏の..
Weblog: ☆youtube最新動画ニュース☆
Tracked: 2009-03-18 17:27


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ