2010年06月11日

その香りがたまりません♡

こんにちは北です。

大変です!!
オーストラリアで『人間の女性』が、欲情した『カンガルー!?』にストーキングされる事件が多発しているそうです。

サンスポ 2010.5.17 14:40
http://www.sanspo.com/shakai/news/100517/shc1005171441000-n1.htm
香水が原因?ストーカーカンガルー続出
記】 目を血走らせ興奮したカンガルーがそっと自分の背後に迫る。それも明らかに自分に欲情してのことだったとしたら…。
オーストラリア北部の準州「ノーザンテリトリー」の人口4000人にも満たない田舎町「テナントクリーク」でカンガルーによるトホホな女性ストーカー事件が続発している。ロイターが16日までに報じた。

14日の地元警察発表によると、発情しているとみられるカンガルーが、女性の背後から近づくなどする騒ぎが相次いだ。被害にあった女性は「何を望んでいるのか、疑いの余地がなかった」と、カンガルーがどれほど興奮していたかを説明した。カンガルーに迫られた別の女性を助けようとした男性が、カンガルーパンチで返り討ちに遭いKOされてしまうという、文字通りイタイトラブルも起きたという。

しかしなぜカンガルーが人間の女性につきまとうのか。
黒カンガルーやワラビーを飼育している静岡県伊東市の「伊豆シャボテン公園」職員で元飼育係の男性(41)によると、カンガルーが発情するのは春が主だが、1年中発情するにはするとのこと。

メスが発情するとそのにおいでオスも発情し、メスを追いかけ回すことから「オーストラリアの女性がカンガルーにストーカーされたのは、香水のにおいや成分がオスカンガルーの発情を引き起こしてしまった可能性もある」としている。
日本人から見ると、外国人女性は香水をバシャバシャ付けているようなイメージがあるので、腑に落ちる説明ではある。
同園の飼育係職員に、カンガルーやワラビーがつきまとうこともあるが、それは「発情しているのではなく、エサをくれると思っているだけ」だそうで「発情したカンガルーが、興奮した様子で近寄ってくるような場面に出くわしたら、立ち向かおうなんて思わないで逃げた方がいいですね」とのことだった。

今後オーストラリアを訪問する予定のある方は、覚えていてほしい。
けが人などは出ていないようで何よりだが、人間もカンガルーも、異性から発せられる「いいにおい」に弱いのは一緒なのであった。(佐藤修)

カンガルーも草食系とはいえ怖いですね。(草食動物です。)

人間もカンガルーも、異性から発せられる「いいにおい」に弱いのは一緒なのであった。
というのは、共感できますね。

ちなみに、弊社は香水禁止です。食品を扱っているので、万一でも商品に香水の匂いが移るといけない。というのが理由です。

私は、弊社に入社するまでは香水も好きだったので香水禁止は残念でしたが、納得の行く禁止理由なので仕方ないですね。


↓猛獣がお気に入りの香りは・・・・

ロイター 2010年 06月 9日 15:35 JST
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-15744820100609
「カルバン・クラインの香水、ジャガーおびき寄せる効果も」
20100609reu00m030006000p_size5.jpg
[グアテマラ市 9日 ロイター] グアテマラのジャングルでジャガーの生態を調査している生物学者らは、ジャガーをおびき寄せるために米ファッションブランド「カルバン・クライン」のオーデコロンを使っている。

野生生物保護協会(WCS)のジャガー保護プログラムに携わる生物学者によると、基本的には隠しカメラを使って観察・追跡するが、カルバン・クラインの「オブセッション・フォー・メン」が「カメラの前にジャガーをおびき寄せるのに非常に役立って」おり、調査地での生息数や性別の推定の精度が上がるという。

同団体は、ニューヨークにあるブロンクス動物園で何年もかけ20種以上の香水を使って実験した結果、ムスク系の「オブセッション・フォー・メン」が最も長くジャガーをカメラの前にとどまらせることを突き止めた。

ジャガーは、「カルバン・クライン」の「オブセッション・フォー・メン」がお好きなようです。

ジャガーは、ネコ科の動物なので「オブセッション・フォー・メン」をつけたら猫にも好かれるかもしれませんよ。

我々人間も、カンガルーやジャガーと同じく動物ですから少なからず「香り」の影響を受けます。

これから暑くなりますので、「香り」をテーマにした商品もおすすめです。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村


posted by 京都真創企画部 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。