京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2011年10月07日

CR(チャイルドレジスタンス)ライター

先日、コンビニで煙草を1カートン買いました。
1カートン買うとオマケで使い捨てライターがもらえます。
しかし、火がつきません。
火がつかないライターなんて、放送が映らないアナログTVと同じで持っていることの意味がありません。

苦節5分を経て、謎が解けました。
点火レバーを上に「カチッ」となるまであげてから、レバーを下におろすと火が付くのです。
一度分かったら何でもないですが、分かるまでは「不良品かな?」と思いました。
良く見るとラベルに判読不可能なほど小さな文字で使用方法が書かれていました。

子供の火遊びによる火災や事故を防ぐために、先週から子供が簡単には着火できない「CR(チャイルドレジスタンス)対応」の使い捨てライターしか売ることができなくなったのです。

色々なバリエーションがあるようですが、大別すると下記の2パターンです。
@点火レバーが重い。
A特殊な操作が必要。

大人の私でも知らずに使うと「不良品?」と思うくらいですから、小さな子供には使えないでしょう。

しかし、このような工夫は本当に必要なのでしょうか?
大人が、子供に「火遊びはいけない。」と教えれば済むことではないでしょうか?
子供の手の届かないところにライターを置けば良いのではないでしょうか?
私も子供のころに、「火遊びをすると、寝しょんべんをするよ。」
と親から火遊びを禁じられたものです。
私は、子供の火遊びによる火災や事故はライターが使いやすいからではなく、親の教育の責任だと思います。

「火の使用」は、人類にとって最大のイノベーションのひとつであることは間違いありません。
人類とその他の動物を分ける画期的な出来事だったのです。
食事に火を使用することにより、それ以前より格段に食事が衛生的になったのは間違いないことです。また、闇夜に火を灯すことにより猛獣の襲来から身を守ることができるようになりました。

【火を付けるための道具の進化】
@自然の火(火山や自然発火による山火事の火)を取り、焚火などで絶やさぬようにする。
A木の板の上で棒を回し摩擦熱で発火させる。
B火打ち石
Cマッチ
Dライター⇒使い捨て(100円)ライター

道具は、便利で使いやすく改善され進歩してゆくものです。
火は生活に欠かせないものですから、上記のように着火のための道具はたゆまぬ努力により、進歩を遂げています。今回のように使いにくくするための工夫は、初めてです。
このままでは、「CR(チャイルドレジスタンス)包丁」や「CR(チャイルドレジスタンス)カッターナイフ」「CR(チャイルドレジスタンス)ホッチキス」「CR(チャイルドレジスタンス)釣り針」といったアホなアイテムが出現しそうな気がします。

私は、道具は使いやすく進歩してゆくべきだと思います。

企画部:北


健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 16:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
RはROCKの略じゃないですよ
ロック(固定)の略ならばLOCKになります
恥ずかしいから、よく調べてから記事書きましょうね。
Posted by とおりすがり at 2011年12月12日 16:38
とおりすがり様
ご指摘ありがとうございました。
訂正して再掲載いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 京都真創企画部 at 2011年12月12日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229921163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ