2012年05月11日

脱法ハーブ

6日に起きたひき逃げ事件の犯人が、脱法ハーブを吸っていたことから、「脱法ハーブ」についての報道がTVニュースでよく流れています。

↓事件の詳細
大阪の商店街暴走、自宅から脱法ハーブ?押収
(2012年5月9日10時17分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120509-OYT1T00161.htm

脱法ハーブ(参照ウィキペディア)
脱法ハーブ(だっぽうハーブ 通称:合法ハーブ)は、幻覚成分を含むハーブ。大麻の代用品として嗜好的に使
用されている実態が有り、海外ではfake pot(偽大麻)とも呼ばれている。国内で合法ハーブが流通した事に
伴い、大麻事犯による検挙者数が極端に減少している事実も報告されている。
2007年施行の改正薬事法で治療や研究目的以外での指定薬物の製造、販売、輸入は罰則付きで禁じ
られており、警察は販売している業者に対し、取り締まりを強化している。
現在市場に流通している脱法ハーブ(合法ハーブ)には厚生労働省が成分分析をおこなう前の新物質が使
用されている事が多く、Yahooオークションなどでも堂々と販売が容認されている状況である。新物質は法律で
規制された指定薬物ではないため摘発出来ない。 海外では類似物質を含めた包括規制をおこなったが、
法逃れの為に科学式に改変を加えた合法な新物質を使った脱法ハーブが販売されるようになり、包括規制
によっても規制出来ない事実が明るみになってきている。


現行法では、このような、麻薬もどきのものを吸って(今回のような)他人を傷つけるような行為を行っても大した罪に問えないそうです。また、販売業者も「お香」として販売していたり、禁止薬物から化学構成を少し変えた物を取り扱っているため取締が非常に難しいとのことです。

世の中には、健康を渇望されている人がたくさんいらっしゃるというのに、一時の快楽のために自身の健康を顧みない人がいることを非常に悲しく思います。また、使用する人の健康を損ねることを分かっていて販売する業者や自分の健康を顧みずに脱法ハーブに手を出す人々に怒りを覚えます。


健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村


posted by 京都真創企画部 at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界ニュース このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。