2013年01月18日

薬事法についてC

前回までは、何が薬事法に抵触するのかを述べてきました。

表示(広告、商品パッケージ)については、
病気に対しての効果を標榜することと、病気に限らず体の変化を示す表現もアウトです。

しかし、新聞の折り込みチラシやTVのインフォマーシャルを見ると効能効果を謳っているように見えませんか?
実は、謳っていません。薬事法に抵触しないように巧妙な表現を使っているのです。
また、それが広告表現のテクニックなのです。

今回は、いくつか例をあげて薬事法的に使える表現と使えない表現をご説明させて頂きます。


まず、病気の治療を標榜することは完全にアウトです。
具体的な表現はダメですが、抽象的な表現(健康、元気etc)であれば大丈夫です。

例)
使えない表現)ガンにいい。○○病の方に効果があります。
使える表現)健康にいい。元気な毎日のために。

体や、体の一部に対する変化を謳うのもアウトです。

例)
【使えない表現】お肌にいい。
【使える表現】美容にいい。

例)
【使えない表現】腰痛や膝痛などで歩行や日常生活が困難な方に・・・。
【使える表現】歩く・散歩等、快適な日常生活に。

このように、薬事法に違反してまで効能効果を表示になくとも、ある程度は、伝えたいことを表現することは可能です。
実際に健康食品業界で成功されている販売元様は、表現に工夫に工夫を重ねて素晴らしい広告を作成されています。
薬事法のルールをマスターして、文学的センスを磨けば薬事法に抵触せずに商品の良さやお客様にお伝えしたいことを表現することができるはずです。

法令を順守したうえで、良い広告をお作りください。

企画部:北
posted by 京都真創企画部 at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。