2007年01月26日

健康情報の発信について

こんにちは。堀内です。

先日このブログでも触れましたが、「発掘あるある大辞典2」の番組打ち切りが決まりました。その発端となった納豆のダイエット効果のデータ捏造で、一番被害を被ったのは、やはり納豆業者の方々だと思います。
そして多くのメディアで語られているように、データの捏造があったにせよ、それは製作者側の落ち度であって、納豆は依然バランスのとれた健康に良い食品であることに一点の曇りもないのです。


今回の騒動では、改めて情報発信の在り方について考えさせられました。

確かに提案の手法として、現状への不安や不満を掘り起こしたり、甘い言葉で独自の優位性をアピールすることは営業の常套手段です。そのメッセージがより良い改善とスピード、移行への簡単さを訴求していれば、抜群の効果を発揮します。

しかし、今回のようにその情報にウソがあったとしたら、それを信じて購入していただいたお客様はどのように感じるでしょう。

私でしたら、お金を損した気分だけでなく、頭の中には「甘い話には裏がある」なんて言葉がよぎったりして、自分の購買行動を恥じてしまったりします。

個人の捉え方の程度はあれど、誰も騙されたくないというのが心情です。そのように感じてしまうと、次回の行動に何らかの影響を与えてしまうものです。


今回の件が「簡単にダイエット」という活発な健康マーケットニーズに訴求していたこともあり、やはり我々の業界でも他人事とは感じられません。


そこで私なりに在るべき姿を模索しました。


私どもが取り扱っております健康食品は、何度も申し上げていることですが医薬品ではありません。

サプリメントや栄養補助食品と呼ばれるのは、まさにその名の通り、食事でまかなえない栄養分を補うものという考え方ですので、これを飲めば効果があるということではないのです。

消費者のニーズに即効性でお応えするものではない代わりに、日々の健康生活の中で足りない部分を補うお手伝いをしていきたい。これがあるべき姿なのだと思います。


また京都真創のOEMもその立場に立っています。

弊社は決して表に出ることはいたしません。お客様(販売元様)の持っておられない部分(製造や企画提案)を補えるよう、お手伝いさせていただいているのです。

もちろん見積りや納期など、仕事に対するスピードは言うまでもありませんが、できることなら瞬間風速の強い台風が過ぎ去って終わってしまうのではなく、大地に種をまき育てて、収穫が終わった後も次の種をまくお手伝いができる。そんな息の長いお付き合いをさせていただきたいと思っております。


健康食品の未来を創る」という理念には、そのような想いも込められています。


posted by 京都真創企画部 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。