2007年02月28日

楽しんで仕事をする

こんにちは。堀内です。

先日弊社の営業主任が出張から戻ってきて「お土産」といって渡してくれました。

DODA名刺
「駅で高校生が盛り上がっていたから、何かと思って見てみたらポスターにいっぱい貼ってあって、面白いから持って帰ってきた」のだとか。

そして、「街頭で配っているチラシなどはとらないけど、これは喜んで持ってかえる。新庄の名刺やってネタにもなるしね。」

「あ、これ知ってますよ。巧いですよね。」と私。

そしてこのDODAの広告戦略の見事さについて二人で盛り上がりました。

まず、何が見事かというとこの新庄剛志さんというベストな人選です。
主任とも話をしましたが、これが転職希望の若者をターゲットにしているとしても、影響力のある木村拓哉さんや倖田來未さんなどでは、これほどまでには訴求力はないと思います。

新庄さんといえば、昨年プロ野球の日本ハム・ファイターズで日本一になって引退という、これ以上にない有終の美を飾ったことが記憶に新しいところです。
その人気者がユニフォームを脱いだ後、一体今度は何をやってくれるんだろうという期待感を私たちファンはみんな持っています。

その彼がビシッとスーツを着て、
この度、私、新庄剛志は、イッシンジョーの都合によりDODAしました。」とCMに登場してきました。

しかもその肩書きは『営業本部 SEO』なのです。

そう、CEO(最高経営責任者)ならぬ、SEO(検索エンジン最適化)なのです。
実際、ネットで『新庄剛志』と検索すると、インターネット広告の欄にDODAへのリンクが現れます。

この遊び心すばらしいですね。

新庄さんのキャラクター起用といい、持って帰ることができる名刺を貼り付けたポスター、そしてこのインターネットでのサイト誘導。流れが美しいだけでなく、楽しさも含まれています。

これら、すばらしいアイデアはもちろんのこと、顧客の行動心理を計算に入れた販促の美しい流れは本当に見習うべき点が多いです。


また、サイトを訪れると新庄さんのインタビュー記事を読むことができます。
楽しむ」ことを常に意識している新庄さんの言葉は、選手時代、お客様に喜んでもらうために最高の笑顔とパフォーマンスを披露したプロフェッショナルの仕事を私たちは知っているから実に説得力があります。

彼のポジティブシンキングは参考になりますので、興味がある方はぜひご覧ください。
http://doda.jp/


お客様に喜んでいただくには自分たちも楽しんで仕事をする。

私ども京都真創も
楽しく真面目に
感謝の気持ちと礼儀を忘れず
まっすぐお客様に伝わるように
真心をこめて創造していく

という社訓を掲げております。

そのことを常に意識して今後も仕事をしていきたいと思います。


追記:今回もAIDEES理論に即したマーケティングの参考として、DODAを紹介させていただきました。
AIDEES理論についてはこちらで紹介させていただいています。
AIDEESのマーケティング理論

posted by 京都真創企画部 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。