京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2014年10月17日

誰のためのコンテンツなのか?

先日、プロ野球中継を見ていて思ったことです。
その日の解説者は、非常に冴えていたようで
ピッチャーの配球や、試合の流れをズバズバと
読み当てていました。

しかし、その解説者は非常に陰気なネチネチとした
喋り方をするので私はその解説者は嫌いです。
(その解説者が現役のときは私はファンでした。)

誰のための解説者でしょうか?
もちろんTVで観戦している視聴者のためです。
多くの野球ファンはビール片手に、
ごきげんな気分で贔屓の球団を応援しているのです。

たとえそれが自分に向けられたものではなくとも、
解説が正鵠を射たものであったとしても、
陰気な話しはノーサンキューです。

私は、その解説者が担当の日は野球中継を見ないことがよくありました。
彼が解説の日は、楽しい気分で応援できないからです。

しかも、その人が解説の日は勝率までもが悪い気がします。
(あくまでも気がするだけです。統計はとっていません。)

何の商売でも同じだと思いますが、
サービスを提供する顧客が誰なのかを
考えなければならないなぁということと、
陰気でネチネチとした話し方では、
例え正しい内容でも聞きたくなくなるものだなぁと
その日のナイターを見ながら思いました。

企画部 北



健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。