2014年12月05日

友人・知人などの推薦 13.9%

先週このブログでシェアをさせていただいた


を熟読していたのですが、非常に勉強になりました。



設問の中に、

「あなたは、「健康食品」を購入する際に、主に何を参考にしていますか?」

という大変興味深い設問がありました。

image003.jpg



テレビ・新聞・雑誌などの情報 26.7%

インターネットの情報     22.2%

商品のパッケージ、ラベル   20.0%

商品のチラシ、パンフレット  21.7%



上記は、販売元も力を入れている媒体ですから割合が高くて当然なのですが、


友人・知人などの推薦 13.9%


友人・知人などの推薦の割合が非常に高いのです!

自分が気に入っているものを友人に薦めるのは、

商行為ではなく純粋な好意であることが多いですし、

気に入っているということはその友人の体験で効果も実証されています。

安心して購入しやすいのだと思います。


結構、友人の紹介というものは信用があるものなのです。

例えば、街角で異性にナンパされても警戒しますが、友人の紹介であれば

とりあえずは、一度くらいはお茶かお食事でも?となるものなのです。


販売会社の中には、紹介制度に力を入れていて紹介で注文をすると

紹介者、購入者の双方にプレゼントをしたり、

紹介専用の注文用紙を商品に同梱したりされています。

ある程度以上の顧客がいる販売元なら少し紹介に力を入れるだけで、

数百万の広告を買うよりも大きなリターンがあるかもしれません。


企画部:北


posted by 京都真創企画部 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。