2015年07月03日

サプリは、クロスセルで売ろう!〜ついでにサプリもいかがですか?〜

もはや健康食品業界は、一部の大企業を除いて
バブリーな時期は終わりました。

これからは、工夫がなければ
健康食品の販売で利益を得ることは困難だと思います。



「新規事業でサプリ(健康食品)を売りたいので、作って欲しい。」
という引き合いを非常にたくさん頂戴しています。

そのなかで、成功された販売元様も失敗された販売元様もおられますが、
思い起こしてみると非常に失敗する確率が高いシュチュエーションがあります。



それは、
私が、「どこでの販売を想定されていますか?」とお聞きしたときに

「とりあえず、インターネットで通販をして売りたい。」

「とりあえず、通販で。」

とお答えになられた販売元様のほとんどは、
すでに健康食品販売から撤退されいます。



なぜなら、通販はすでに過当競争になっていて、
CPOが2万、3万円と非常にコストが必要になってしまっているからです。
(※CPOとは、コスト・パー・オーダー、広告費÷購入件数のこと。
 1件の新規顧客獲得に必要なコストのことです。)



大手単品通販企業は、ここから定期購入に誘導して
1年以上の期間をかけて収益を得るようにしていますが、
あなた自身やあなたの上司は、事業を黒字転換することができるまで、
1年も2年も赤字を出し続けることに耐えられるでしょうか?


その覚悟があるのなら、いいと思いますが、
でなければそれ以外の販路をお考えになられた方が
よいのではないでしょうか?


では、どこで売ればいいの?

というお話になりますが、
人と人とのつながりがあるところならどこでもOKだと思います。


誤解を恐れずに申し上げれば、サプリはついでに売ればいいのです。

バーガーショップのポテトと同じです。

「ついでにサプリもいかがですか?」

と言って売ればいいと思います。


そして、実はそういう販売手法をとられている販売元様で
売り上げが伸びています。

例えば、エステサロンや整骨院、医院、フィットネスクラブなど
直接お客様に接する業種がそうです。

直に商品の良さを伝えることができるので非常に売れやすいのです。

また、定期購入に誘導すれば毎月の安定収入になります。


店舗ではなくとも、毎月特定多数の人に接するお仕事をしている方に
委託すればどうでしょうか?

高額なマージンを支払えば喜んで売ってくれるのではないでしょうか?

そこから定期購入に誘導できるのであれば、
販売員に定価3,000円の商品に対して
3,000円のマージンを支払ったところで
容易に利益を出すことができます。


これから、健康食品業界に新規参入をお考えの方は、
とりあえず、今あなたがお持ちの人脈を
どう健康食品の販売に生かすことができるのかを考察してみてください。

もしかしたら、今までだれも気がつかなかった販売ルートや
販売方法を構築することができるかもしれませんよ。


posted by 京都真創企画部 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。