2015年08月07日

スマホとPCの利用率が逆転しました。

平成27年7月17日に総務省から
「平成26年通信利用動向調査の結果が発表されました。

これは、全国レベルでのインターネット利用状況の調査です。

タダで閲覧できるデータですので、是非ともご確認ご活用ください。


↓下記のURLから閲覧することができます。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/150717_1.pdf



我々、健康食品業界の人間が刮目すべきポイントは2点あります。


1点目は、高齢者も日常的にインターネットを使用しているということです。

インターネット利用状況:60〜69才:75.2%、70〜79才:50.2%
と最近の高齢者は、インターネットなんて普通に使っています。

高齢者向けの広告を打つときには、インターネット広告も十分に有効です。


2点目は、インターネット使用時の端末が、30代以下ではスマートフォンが パソコンから逆転して1位になったことです。

つまり、貴社のホームページや商品のLP(ランディングページ)は、
恐らくパソコンからよりスマートフォンからのアクセスが多くなっているはずです。


とりあえず、貴社が販売している商品のLPをスマホから確認してください。

もし、ページが見にくかったり使いにくかったのなら、それはチャンスです。

すぐに改善してください。

それだけで売り上げが上がるかもしれません。

すでに、LPがばっちりスマホ対応が出来ているのなら
貴社のWeb担当者は非常に優秀ですから褒めてあげてください。


しかし、依然としてPC用にLPをつくって
それをスマホ用に転用している販売元様が非常に多いようです。

つまり、今のところライバルもバッチリ対応できていないところが多いということです。

もし、貴社のスマホ対策がまだ、あるいは不十分なのでしたら早急にご対応ください!
posted by 京都真創企画部 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。