2007年07月30日

土用の丑の日は夏バテ解消といっしょに柔らか頭を鍛えましょう!

今日は土用の丑の日ですね。

こんにちは。堀内です。

8月も目の前にして、毎朝の通勤時には夏休みになった子供たちのラジオ体操の姿も見かけるようになりました。本格的な夏の到来です。
さて梅雨も各地で明け始めていますが、やはりこの時期に気をつけたいのは夏バテです。
ラジオ体操に参加する子供たちのように朝から元気なテンションでいければいいのですが、なかなかそうはいかないもの。

そんなときはビタミンAやB群が豊富なうなぎを食べて精をつけるというのは、実に理にかなった習慣だなと思います。


そこでなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのかを調べてみました。

まず土用というのは、五行思想でいうところの季節の変わり目に当たる部分で、期間は18日間です。その期間内で十二支の丑の日に当たるのが土用の丑ということになります。

うなぎを食べるようになった由来は諸説あるようですが、有名なのが江戸時代の蘭学者で発明家である平賀源内が発案したというものがあります。

なんでも知り合いのうなぎ屋さんがうなぎが売れないので、源内に相談に行ったところ、丑の日に「う」のつくものを食べると良いという民間伝承に引っ掛けて「本日丑の日」という貼紙をすることを勧めたのが最初だそうです。

今でいう販促用POPを作ることを源内はアドバイスしたのですが、それを考え付いたのが、「あの物知りの源内さん」だということで、お客さんが「丑の日にうなぎを食べるのは大いに意味があるに違いない」と大変繁盛したということです。
もちろんそんな成功事例を他店が真似しないわけがなく、全国的に広がったというのが定説のようです。

そのうなぎの効能については古くは万葉集で大伴家持が、うなぎについての和歌
石麿(いはまろ)に我物申す夏痩せによしといふ物ぞ鰻(むなぎ)取り喫(め)せ
を残していることからも精のつく食べ物として長く親しまれていたようです。

参照:ウィキペディア『土用の丑の日

真偽の程は定かではありませんが、平賀源内さん見事なコンサルティングぶりです。エレキテルの紹介や火浣布(アスベスト)の開発などを当時鎖国中だった日本でやってしまう程の柔らか頭の持ち主ですから、当時の人だけでなく、現在の私たちをも納得させてしまう魅力を持っています。かっこいいですね。


うなぎつながりで柔らか頭といえば、浜名湖名産で有名な『うなぎパイ』の有限会社 春華堂を紹介したいと思います。

有限会社春華堂ホームページ

上記ホームページでも触れておられますが、うなぎパイの誕生秘話が実に面白いのです。キャッチフレーズの『夜のお菓子』いうのは『一家だんらんのひとときをうなぎパイで過ごしてほしい』という願いを込めてネーミングされたということですが、折りしも高度成長時代で盛況な夜の繁華街でお客様が精力強壮のうなぎと連想してそちらの方でブレイクしたというエピソードがあります。

私も食べたことがありますが、本当においしくて尚且つそんな口コミが広まったらそりゃ売れないわけがないと思います。

このケースなんかはまさに、土用の丑の日のうなぎと同じようにお客様がそのブランドを育てた良い例だと思います。

うなぎパイにしろ、商品開発は「今までになかったものを作るため」の何気ないアイデアであったのですが、その商品の持つ雰囲気をお客様が感じとってくれ、そこからまた新たな意味づけや物語を育んでくれるという理想的なマーケティングだと思いました。

ここで私が強調したいのは、模倣ではない新しい価値の創造がヒット商品を生むということです。

新しい価値の創造というとなんだか難しく聞こえてしまいますが、平賀源内さん春華堂のようにちょっとした発想と物語を作るセンスがあれば、それをいきに感じるお客様によってブランドは育っていくのかもしれません。

そんなことを考えながら、夏バテに負けないようにするのといっしょに、柔らか頭を鍛えなきゃなと思いました。




posted by 京都真創企画部 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。