京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2007年08月31日

世界陸上を見ながら考えたこと。コーチングのススメ!

アスリートは優秀なアーキテクト(設計者)であり、そのトップ選手達はアーティストである。
そしてその傍らにはパートナーとしてのコーチが存在している。

こんにちは。堀内です。

私は大阪から京都まで毎日通勤していますので、最近JR大阪駅や阪急梅田駅で多くの警察官が警備配置されているのを目にします。

そう、今大阪には各国を代表する陸上のトップアスリートたちが集結しているのです。そして長居競技場では毎日自己の限界に挑戦する熱い戦いが繰り広げられているのです。

IAAF世界陸上2007大阪

そしてもちろん私も長居までいけないにしろ、毎日仕事が終わったらテレビにかじりついて彼らの活躍を見ています。

昨日はアメリカのタイソン・ゲイ選手が100mに引き続き、200mでも金メダルを獲得しました。彼の三角筋の美しさに惚れ惚れしながら見ていたのですが、勝利の瞬間は思わず身を乗り出してしまいました。

また男子走幅跳決勝での大逆転にも鳥肌が立ちました。それにしても金メダルに輝いたパナマのアービング・サラビノ選手の背中の筋肉は大胸筋(胸板)かと見間違うほどのきれいな盛り上がりでどうやって鍛えたらあんな風になるのかなとものすごい興味を覚えました。

男子選手の筋肉ばかり誉めていると変な誤解をされそうですが、女子棒高跳のロシアのエレーナ・イシンバエワ選手の美しさは目を奪われるばかりでした。
容姿のエレガントさはもちろんのこと、前人未到の記録へ挑戦し続ける姿勢、そしてそれを達成するためのストイックなまでの準備には頭が下がります。
今月の15日には来日し香川で事前合宿を行い、現地の環境に慣れるなどの事前準備を始め、競技場での極力周囲の情報を遮断して集中力を高める方法や試技を最小限にして体力の温存を図る姿などはプロフェッショナルの鏡だと心底思います。他の選手が跳んでいる中で自分だけが跳ばないというのはものすごく怖いことだと思うのですが、彼女の記録達成への強固なプランニングと実行力には憧れすら感じます。


アスリートたちの最高のパフォーマンスはそれぞれの才能と努力によるものだというのは当然のことですが、注目したいのはその傍らには最高のコーチがついているということです。それらは、今大会でも選手が競技後スタンドにいるコーチにアドバイスを受けにいっている姿を目にすることからも明らかです。

例えばイシンバエワ選手の場合はあの鳥人セルゲイ・ブブカ氏を指導したビタリ・ペトロフコーチがいますし、タイソン・ゲイ選手と女子100mを制したベロニカ・キャンベル選手は共にランス・ブラウマンコーチに師事しています。
(余談ですが、ブラウマン氏は現在横領罪で服役中です。今回2人の弟子がいみじくも彼の名誉を回復した形になりました。サッカーワールドカップでイタリアが自国リーグの不正問題の逆境を跳ね返して優勝した姿を思い出しました。不正は厳しく罰せられるべきですが、側面だけを捉えて人格否定するのではなく、目標を達成するプロセスやモチベーションを体系化する優れた能力は賞賛すべきだと感じます。)


文初にアスリートは優れたアーキテクトであると書きましたが、それは彼らが走る、跳ぶ、投げる等の人間の動作をいかに効率的にしかも爆発的に活かすかというスポーツの永遠のテーマに対して、己の肉体を駆使して工夫と挑戦を行うからです。
彼らは常に自分の体を目標が達成できるように設計し、そのプランに合うようにトレーニングしていきます。自分の体を酷使して設計していく訳ですから当然辛いし、心が折れそうになることばかりだと想像します。

凡人の私たちでさえ日々の生活をコントロールするのも難しいのに、肉体の限界に挑戦するアスリート達は尚更のことでしょうし、才能と努力の差は歴然とあるにせよ、同じ人間ですので弱い部分を持っているのは仕方のないことです。

そしてその部分を補ってくれるのが信頼できるコーチです。優秀な人はトレーニングのメソッド(方法)の提示はもちろんのこと、メンタル面でのフォローができる人であり、それが選手との絶大な信頼関係を築き優れたパフォーマンスの実現を可能にしてくれるのです。


世界陸上の中継が終わった後、チャンネルサーフィンで『報道ステーション』のスポーツコーナーでフィギュアスケートの安藤美姫選手の特集を見ました。彼女は今アメリカでニコライ・モロゾフコーチに師事しています。ニコライコーチは荒川静香さんを始め、ミシェル・クワン、サーシャ・コーエン、アレクセイ・ヤグディンなどの金メダリストを育てた名伯楽です。4回転ジャンプばかりが注目されていた彼女のエレガンスの才能を開花させたのはまさに彼の功績であると言えます。安藤選手の明るさが自分の成長の実感とそれを引き出してくれているコーチの選択の正しさをあらわしているように見えました。


またチャンネル変わって見た『ワールドビジネスサテライト』の「理系女性を育てろ!」という特集ニュースでのロバート・A・フェルドマン氏の日本語の「教育」と英語の「Education」の言葉の違いについてのコメントは昨日1日のまとめとしてすばらしくふるったもので非常に納得できました。

概要は「教育」はその字の如く、教師が生徒に「教え育てる」ことなのだけど、「Education」の語源である「educe」は「引き出す」という意味であるので、関係性として「能力を引き出してあげる」ことが大切なのではないかというものでした。


このことはスポーツや学生指導だけに限ったことではなく、ビジネス、引いては人生において大きな意味を持つものだと感じます。

最近「コーチング」が注目され、私も興味を持って関連書籍を読んでいます。また「成功の条件は良きメンター(指導者・助言者)に出会うことだ」とも言われます。

まさにその通りで、人は何かを達成するには一人だけで完結するということはほとんどなく、他者との相互協力によって成されるものですから、できることなら目標への共通理解をもつパートナーと組む方が良い循環を引き起こしていくといえますし、道理に合っています。


そういうことを考えていくと、健康食品をはじめ健康ビジネスのマーケティングももっと工夫ができるのではないかなと感じます。

ダイエットはもちろんのこと、健康生活をおくる方法も人それぞれですが、その人にあった目標設定を提案する、いわゆる個人カスタマイズをしてくれるコーチとしての訴求方法も模索していければ可能性は広がるのではないでしょうか?

ビリーズ・ブートキャンプは本当にきついですが、それでも入隊しようと考える人々が後を絶たないのは、やはり優秀なコーチに鍛えて欲しいという欲求(話のネタになるという点も含めて)が我々を刺激するからなのだと思います。(蛇足ですが、かく言う私は何とか7日間プログラムを終了できました。)


最後に今大会は日本人選手たちの相次ぐ不完全燃焼が指摘されています。しかし視点を変えて来年の北京オリンピックに向けての明確な課題が見えたのだから、選手、コーチの軌道修正はもちろんのこと、協会や所属している団体のバックアップを厚くして、みんなでこの悔しさがあったからこその美酒を来年飲めたらと願います。


今度の日曜日は沿道から女子マラソンの応援をしたいと思います。
たぶん刺激されてトレーニング始めちゃったりするかもしれません。

皆様も無理せず、自分に合った健康管理を行なってください。そしてできればご家族、ご友人、誰でもいいと思うのですが、お互いアドバイスし合えるパートナーがいればそれぞれのコーチングにもなりますし、良い循環を引き起こしてくれると信じます。


健康食品OEM/受託製造メーカー 株式会社京都真創

▼ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。▼
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
posted by 京都真創企画部 at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。