京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2008年04月15日

水で走る自動車??

先日友人の車に乗った際ガソリン代の話がでまして、暫定税率がなくなり多少価格が下がって助かったと言っていました。
それでもレギュラーガソリンで¥125/リットル前後していますが。。。5年ほど前車を持っていたのですが、ハイオクで¥120/リットルくらいでしたからガソリン価格そのものは依然高い状態なのでしょう。
最近本当に車の台数が増えましたね。平成20年1月の日本国内での自動車保有台数が約8千万台だそうです。ちなみに20年前は約5千万台でした。
*自動車検査登録情報協会ホームページ参考

この状態が続くと例えエコ自動車等が増えたとしても地球環境は右肩下がりで悪くなって行くような気がしてしまいます。

ところで水で走る自動車というものを聞いた事がありますか?今ガソリンの給油口から入れているレギュラ−ガソリンや軽油の代わりに水を入れて走る自動車です。
例えば、現在ガソリンスタンドに行き「レギュラー満タン」というところを「六甲の水満タン」とか「フランスのエビアン満タン」という具合に水を入れてもらう訳です。

上記は理想ですが、現在水素を充填して走る「燃料電池自動車」の開発が進んでいるようです。以前、燃料電池の展示会に招待され会場の駐車場に設置された「燃料電池自動車」のブースで実際に拝見しました。外見は普通の自動車と変わりなく車の背後にマフラーのようなものがあり、そこから出る気体は排気ガスではなく水蒸気のみでした。実際に排気口に手のひらを当てさせてもらったのですが、しっとり湿っただけで臭いもなかったです。

排気ガスに含まれる二酸化炭素や一酸化炭素、窒素酸化物を一切含まないため地球環境には非常に良い車だと感じました。

「燃料電池自動車」とは、シンプルに言うと水素を充填し発電しながら走る電気自動車の事です。そもそも燃料電池って何?と思われる方もいると思うので下記のホームページを参考にして下さい。

*東京ガス:なるほど!燃料電池

これによると「水の電気分解」の逆を行うそうです。水の電気分解は、水に電気を加えて水素と酸素を取り出します。そういえば中学生の時、実験したような記憶が。。。
その逆をするというと多少語弊があるのですが、まず、水素と水酸化イオンを反応させると電子が発生します。また水と酸素は電子と反応し水酸化イオンを発生します。
その化学式が水の電気分解の化学式の矢印を逆にしたものなので「水の電気分解の逆」と表現されるそうです。

化学式の逆と言われればなんとなく理解できますが、実際に応用して自動車や発電設備を開発する人の発想力や技術、またそれを遣り遂げる努力といったものに驚嘆しますね。

現在、「燃料電池自動車」が開発され販売もされいますが、水素を供給するインフラ設備等十分に整った状態ではなく、価格も非常に高いそうで高級車が10台くらい買えてしまう金額のようです。今後、量産により開発費用の分散でコスト減を目指し目標は1千万円台だそうですが、それでも高いような気がします。普及するにはまだまだ時間がかかりそうですね。

しかしこういった地球環境を考慮した物作りは素晴らしいですね。
九州大学では、「水素キャンパス構想」というものがあり「ミニ水素社会モデル」として既に始動しているようです。
燃料電池バスを利用した走行実験や燃料電池システムを利用しキャンパス内に電気やお湯の供給など、積極的に環境問題への取り組みを進めているようです。
九州大学のホームページはこちら

現在走っている自動車の全てが排気ガスを排出しない電気自動車に代わるにはまだまだ時間がかかりそうですし、発電所に代わって燃料電池を利用した自家発電システムの普及や、太陽光発電や風力発電、東京駅の改札で実験された発電床など、環境汚染対策を考慮した発電システムには課題が多いようですが、それらが現在の原子力発電や火力発電に代わると地球環境がずいぶんよくなるのではないかと思います。

また誰もが住みやすい環境を、国や企業のみでなく、個人から創造していける社会を築く事が今後の課題としなければいけないと思います。

我々京都真創は健康生活を応援する分野で地球環境や社会環境をより良くする為、企業努力に惜しむことなく貢献していきたいと考えています。


健康食品OEMなら京都真創へ

▼ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。▼
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
posted by 京都真創企画部 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | このブログ/会社について このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

九州大学農学研究院でナマコ産卵誘発 ホルモン発見
Excerpt: 九州大学農学研究院が世界で初めて、ナマコの産卵を誘発 するホルモンを発見し、ナマコの生産量を効果的に増やす ことにつながると期待しています。
Weblog: とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!
Tracked: 2008-11-23 11:18


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。