2008年04月21日

ナビ

こんにちは。京都真創の北中です。
昨日、友人の結婚式で地元に帰ったのですが、高校時代の恩師に約10年ぶりにお会いしました。卒業して10年経っていても不思議なもので先生と生徒の関係は変らないものですね。

学生時代この恩師の名言は多々あったのですが、その一つを。。。

「最近車にナビ機能がついて道に迷わんから便利らしいけど、車っちゅうのは、少々迷いながら地図をみたりそこらの人にきいたりするんがドライブの醍醐味なんや。なんでもかんでも便利やったらエエってもんやない。」

と教壇の上でおっしゃっておりましたが、どうやら10年も経つと便利さに負けてしまったようで、「ナビっちゅうのは便利やな。電話番号入れたらルート出よるわ。」と得意気に話していました。

確かに最近いろんなナビがあって非常に便利になりましたね。電車移動が多いのですが、携帯電話のWeb機能にあるナビで、最寄り駅と目的地の駅名を入力し時間指定をするとあっと言う間に数種類の移動手段が出てくるものなどは便利なので良く利用しています。
ただ、携帯電話の電池がなくなると何もできなくなるので、便利さに依存しすぎると勘がにぶりそうで少し怖い気もしますが。


ところで、最近コンビニでも見かけるようになりましたが、健康食品サプリメントが非常に多くなっていますね。
わたしも業界人なのでありがたい話ではあるのですが、やみくもにサプリメントを選んで服用されるよりもその時々の自分の状態に合わせた健康食品選びをお勧めしたいですね。

病気になった時、お医者さんが薬を処方してくれますが、過去のアレルギーや体質等を考慮して処方してくれている訳で、一人一様の薬が処方されます。

サプリメントも体質によって効果が出やすいものと出にくいものがあるかと思いますしもちろん個人差もあると思うので、何かしらの物差しがあった方が良さそうなものです。

そこで選らばれているサプリメントと目的が、しっかりマッチしているかを把握するために下記のサイトをお勧めします。

いきいき健康 NIKKEI NET サプリメントナビ
細かい回答欄等はなく、約30の症例が記載されていますので、気になる項目をクリックすれば、その原因とその症状に合う栄養素が表示されるページに移動でします。

例えば、一つの症例で「尿酸値が高いと言われた」という項目をクリックしてみました。
すると、尿酸値が高いと通風発作の原因になると記載されておりその下に原因の詳細と症状の説明があります。

その下段に、尿酸の排泄を促進するための食習慣や、必要な栄養素が書かれています。ページ最下にはその症状改善に必要な栄養素にリンクが貼られてあるのでクリックすると詳細が見れるようになっています。

各栄養素の詳細はトップページからでも選べるので栄養素の効能を知りたい方はそこから見ることも可能です。
その他、左のサイドバーに健康サイト紹介処方箋サーチドラッグナビ等あり充実したサイトだと思います。さすがNIKKEI NETというところでしょうか。

上記はPC用のサイトなので、購入前にチェックして行けば良いのですが、何気なしに街を歩いていてサプリメントを買おうと思った際、わざわざPCで確認することなくコンビニやドラッグストア等でこういったサプリメントナビが利用できるサプリ検索機(大型書店にある書物検索機のようなもの)があれば購入者が目的にあったサプリメントを探せると思うのですが。
サプリメントのメーカーや、成分名、症状等を入力すれば必要な栄養素が簡単に把握できるようにすれば便利かと思いますが、そうなるにはもう少し時間が必要かもしれませんね。

現在は薬事法景品表示法など制約が多い業界ですので、上記の考えがスムーズに受け入れられる可能性は低いと思いますが、理想的な健康社会を営めるよう京都真創は日々努力して行きたいと思いますので、良いアイデア等あればご教授下さい。


健康食品OEMなら京都真創へ

▼ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。▼
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

posted by 京都真創企画部 at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。