2016年04月01日

モデルチェンジ

私は、携帯電話は、iPhoneを愛用しています。
iPhoneSEという新機種が昨日リリースされました。
報道やインターネットでも話題になっていますし、
ここ数日は、メーカーであるアップルからも、
キャリアのauからも近所の前回に私が実際に手続きしたauショップからも
メールやSNSで案内が来ます。

結果...、欲しくなりました...。
欲しくなるんですよね...。
こんな新機能が追加されたとか、処理速度が○○%UPとか言われると。
まぁ、毎年携帯を買い換えるのは贅沢だと思いますし、先立つものも無いことですから、
買わないというより買えないと言うのが正直なところです。
しかし、私は欲しくなった。欲しくなってしまったのです!
諸般の事情により手元不如意でなければ購入していたかもしれません。

このようにして、車やスマホ、家電、ゲーム機などは数年ごとにモデルチェンジを
行って「こっちのの方が流行の最先端ですよ。」「こんなイノベージョンが!」
とか言ってユーザーに買い替えを促します。
こういったことを難しいマーケティング用語で「計画的陳腐化」といいます。
あえて製品の寿命を短くして新製品の購買意欲を煽っているのです。

健康食品の場合は、モデルチェンジではなくリニューアルといいます。
旧商品からの買い替えというよりは、同じ商品としてパワーアップを訴求するのが目的です。
他社に商品を卸していて、店販やインターネット販売で値崩れを起こしていた場合の
仕切り直しのためにリニューアルすることもあります。
自社でのみ販売を行っている場合は、購入が途切れている顧客(休眠顧客)への掘り
起こしキャンペーンの大儀名文にもなります。

上記のようなメリットがありますからそこそこ以上に売れている商品の場合は、
リニューアルをからめたキャンペーンは、コストパフォーマンスに優れています。

販売中の商品でリニューアルを検討されていましたら
是非、京都真創にもお問い合わせをください!


posted by 京都真創企画部 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2016年03月04日

売る人の気持ちも大切です。

打合せのとき
「御社は、商品の体感やエビデンスにこだわっておられて素晴らしいですね。」
別にお世辞ではないのです。
本当によい意味で商品にこだわるクライアントなので、私は本音でそう言いました。

するとそのクライアントは、
「自分が良いものだと納得したいのですよ。」
「商品によって販売員のやる気が変わるんです。」
「販売員も人間ですから、心から良い商品だと思える商品は自信を持って勧められるけど、効かないと分かっているものを良いですよと売るのは気分の良いことではないと思うのです。」
と仰いました。
その方は、きっと「本当に良い商品だから頑張ってお客様におすすめしてください。」と販売担当にも言っているのだと思います。

その会社は、年々売り上げを伸ばしています。
きっと商品に対する考え方が真摯だからだと思います。

顧客も商品も当然大切ですが、販売する人間の気持ちも大切です!

企画部:北
posted by 京都真創企画部 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年10月09日

会社名の表示は、日本語で。

今までは、問題が全くなかったことでも
担当省庁から表示についてご指導をいただくことがごく稀にあります。

今回は、会社名についてです。

パッケージに販売者名を表記しなければならないのですが、
その販売者名が「英名」であった場合に、「カタカナ」か「ひらがな」で
表記するように指導されることがあるそうです。

例えば、
鰍jYOTOSINSOU
は、
鰍jYOTOSINSOU(キョウトシンソウ)
あるいは、
潟Lョウトシンソウ
と表記しなければなりません。

従来は、こういったことで指導はなかったのですが、
厳しくなっているようなのでご注意ください。
posted by 京都真創企画部 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。