京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2015年01月16日

健食を売る人は自身の健康にも

あちこちで「ゴホゴホ」と咳をしている人を見かけます。
インフルエンザが全国レベルで流行しています。

風邪をひいたりインフルエンザになったりすると
子供のころは学校が休めると少しうれしかったものですが、
大人が病気になっても何も得なことはありません。

私は、健康食品の製造や販売に携わる人間は、
やはり健康にこだわるべきだと思います。

健康食品を取り扱う会社の社員が元気が無く病人ばかりだったら
その会社の商品は効かないのかな?と思われてしまうかもしれないからです。

化粧品会社の美容部員さんがお化粧が上手であらねばならないように
アパレルの店員さんがオシャレであらねばならないように
AKBのメンバーが恋愛禁止であるように
健康食品にたずさわる人間は、やはり健康でありたいものです。

これは、以前にものすごくお腹が出た原料メーカーの方に
ダイエット素材をご提案いただいたときに
「そんなに良いなら、あなたが飲んでやせればええやん。(心の声)」
と思ってしまいました。そして
「私は、健康食品に携わる以上は人よりも健康でいよう。」
と誓いました。“何を言うかよりも誰が言うかが大切”です。

不健康になりたくて不健康になる人はいないと思いますが、
健康食品に携わる人間は、健康であるべく努力すべきと思います。
ちなみに、私は10年以上病欠なし、健康診断でも異常なしの健康優良中年です。
安心して、健康食品開発のお問合せをくださいませ。

企画部:北
posted by 京都真創企画部 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年12月19日

年末年始休業日のお知らせ

平成26年12月吉日



お客様各位

株式会社京都真創
TEL 075-381-0815
FAX 075-381-0816


拝啓 貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別なるご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に恐縮ですが、下記のとおり年末年始休業させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

敬具




平成26年12月28日(日)〜平成27年1月4日(日)


※平成27年1月5日(月)より通常業務を開始いたします。

※休業中のお問い合せにつきましては、27年1月5日(月)以降に対応させていただきます。
posted by 京都真創企画部 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年12月12日

健食の広告は信用されていません!

2週つづけて、このブログでシェアをさせていただいた
「平成26年度第4回インターネット都政モニターアンケート 健康食品」
ですが、一般の方が健康食品に対してどう考えているかが分かる非常に良い資料です。


設問の中に、
「あなたは、「健康食品」の広告や表示、その他製品情報の表現についてどのように感じていますか?」
というものがあります。これも非常興味深い設問です。

・信用できない表現が多いとおもう 62.2%

・特に感じることはない      28.0%

・信用できる表現が多いと思う     9.8%

結果は、健康食品の広告はあまり信用されていないというものでした。

売るためには、良いことしか言わないのは健康食品に関わらず広告の常なので 
それも仕方ないことなのかもしれません。

しかし、平成15年度の調査では、

・信用できない表現が多いとおもう 55.9%

・特に感じることはない      30.2%

・信用できる表現が多いと思う   13.9%

という結果でしたので、以前と比べて健康食品の広告に対する信用が低下していることが分かります。


通信販売でCPO(コスート・パー・オーダー、一件の新規注文を獲得するために必要な費用)が高くなったと聞きます。

競争が激化したのが主因と思いますが、広告自体の信用低下も関係しているのだと思います。


顧客の満足度は、期待に対するリターンの割合で上下します。

他社商品よりも安くハイスペックであったとしても、リターンが広告表現よりも低ければ
顧客は、不審を持つものだと思います。

一度や二度は、文字通り(だまされたと思って)購入してくれることもあるかもしれません。

しかし、本当にだまされたと思わせてしまったら、その商品だけでなく健康食品自体を
二度と購入しなくなってしまうかもしれません。

そうならないためにも絶対にありえない効果効能を表示するのではなく、
節度ある本当のことのみを書いた広告表現にしなければならないのではないでしょうか?


企画部:北


健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。