2015年09月04日

消費者庁のパトロール

今回は、行政からの取り締まりについてです。

消費者庁からプレスリリースが出ていましたので紹介させていただきます。

消費者庁がインターネットでパトロールをして発見した
健康食品等の虚偽・誇大表示に対して
適切な表示に直すように要請しましたよというレポートです。

インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について
(平成 26 年1月〜平成27 年3月) 消費者庁


きちんとどういったキーワードで検索して違反を探したのかまで
書いてくれていますのでポイントをまとめます。


1.疾病の予防

「インフルエンザ」、「ウィルス対策」、「ノロウィルス」、「乾燥肌」、「花粉症」等の季節性の疾病の予防に効果があるかのような表現

2.ダイエット(痩身効果)

「ダイエット」、「痩身」、「痩せる(やせる、ヤセる等)」、「脂肪燃焼」、「脂肪分解」、「脂肪排出」、「脂肪を消費」、「代謝向上」、「デトックス効果」、「体重減少」、「減量」等のダイエット(痩身)効果を目的とする健康保持増進効果等の表現

3.「ガン(がん、癌)」、「脳梗塞」、「動脈硬化」、「肝炎」、「心臓病」、「糖尿病」、「脳卒中」、「脳出血」、「くも膜下出血」、「脂質異常症(高脂血症)」、「高血圧」、「肥満(症)」等の疾病に効果があるかのような表現


これらの表現で検索してパトロールを行っているとのことです。

健康食品も食品である以上は、病気の治癒を訴求するのはもっての外だと私は思います。
(適切な医療の受診を遅らせてしまう可能性が生じるからです。)

また、ダイエットは今回の件だけではなく、
非常に監視や指導の対象になりやすくなっていますので、
販売のおりには広告表現には十分ご注意ください。


posted by 京都真創企画部 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年08月07日

スマホとPCの利用率が逆転しました。

平成27年7月17日に総務省から
「平成26年通信利用動向調査の結果が発表されました。

これは、全国レベルでのインターネット利用状況の調査です。

タダで閲覧できるデータですので、是非ともご確認ご活用ください。


↓下記のURLから閲覧することができます。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/150717_1.pdf



我々、健康食品業界の人間が刮目すべきポイントは2点あります。


1点目は、高齢者も日常的にインターネットを使用しているということです。

インターネット利用状況:60〜69才:75.2%、70〜79才:50.2%
と最近の高齢者は、インターネットなんて普通に使っています。

高齢者向けの広告を打つときには、インターネット広告も十分に有効です。


2点目は、インターネット使用時の端末が、30代以下ではスマートフォンが パソコンから逆転して1位になったことです。

つまり、貴社のホームページや商品のLP(ランディングページ)は、
恐らくパソコンからよりスマートフォンからのアクセスが多くなっているはずです。


とりあえず、貴社が販売している商品のLPをスマホから確認してください。

もし、ページが見にくかったり使いにくかったのなら、それはチャンスです。

すぐに改善してください。

それだけで売り上げが上がるかもしれません。

すでに、LPがばっちりスマホ対応が出来ているのなら
貴社のWeb担当者は非常に優秀ですから褒めてあげてください。


しかし、依然としてPC用にLPをつくって
それをスマホ用に転用している販売元様が非常に多いようです。

つまり、今のところライバルもバッチリ対応できていないところが多いということです。

もし、貴社のスマホ対策がまだ、あるいは不十分なのでしたら早急にご対応ください!
posted by 京都真創企画部 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年06月05日

値段の決め方

初めて健康食品の販売を行うクライアントから
「販売価格は、いくらにすればよいだろうか?」
と聞かれることがあります。


これは、非常に難しい質問です。

また、良い質問でもあります。


なぜなら、その商品の価値は伝え方によって全く変わってしまうからです。


例えば、3才の子どもからすれば宝石もビー玉も
同じようにキラキラしたキレイなものであって価値は変わりません。

しかし、大人からすれば宝石のほうが圧倒的に価値があります。


つまり、初回の販売時における商品の価値は、対面販売ならトークの内容、
通信販売なら広告やLP(ランディングページ)の内容で決まるのです。

それを見た(聞いた)、お客様が1万円でも欲しいと思えば
1万円の価値がありますし、3千円と言われて悩むようなら
2千5百円にしなければならないのです。


このように、商品の価値は販売元の努力によって高めることができます。

例えば、Appleはコモディティ化が避けられないデジタルデバイス市場で
グッチやティファニーのように、持つことによって得られる
満足感を提供するブランド戦略で
唯一無二の存在として時価総額世界一を誇っています。


同じようにコモディティ化が進む健康食品業界でも、
参考にできるところがあるかもしれません。


また、そこまでのブランド戦略ではなくても、
工夫次第で商品の価値を高めることによって、
その値段より安く売ればよりたくさんの量を売りやすくもなります。


つまりは、その商品本体だけでなく、それを買うことで得られる価値が
どれほど大きいかによって、値段というものは変わってくるのです。


売り手側がまず値段ありきで設定するよりも、
買ってくれるお客様の価値を上げる伝え方に
どれほどのコストを掛けるかも、値段設定においてとても重要な視点です。
posted by 京都真創企画部 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。