京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2014年05月30日

禁止

弊社では、香水は禁止です。
食品を扱う以上は、商品に良い香りであったとしても匂いをうつしてはいけないからです。

私は、他人が香水を使うのも自分が使うのも好きだったので、入社した時(十数年前)に「仕事中は、香水禁止」と言われて驚きました。

しかし、今では当然のことと思っています。おそらく食品を直接扱う仕事をされている方のほとんどは香水禁止なのだろうと思います。

先日、商談時にお客様が良い香りの香水を付けておられたので、「良い香りですね。何の香水ですか?」といった会話の流れで「弊社では香水は禁止なのですよ。」と言ったらお客様が驚いておられたので、ブログのネタにしようと思っていました。


健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年05月23日

値引はNG

単品通販で健康食品を販売されている会社の社員さんから聞いた言葉です。

理由は、定期購入をされているお客様の満足度が下がると、割引で購入していただくと、たとえその商品を気に入っていたとしても「安い時に買おう。」
と割引価格でしか購入してくれなくなる可能性があるからです。

ただ拡販キャンペーンなどでお得感を出したい時は、おまけとして1週間分のサンプルを無料で付けてあげたりするなどプレゼントを用意します。

例えば、単品通販の通説では商品原価は約30%程度が目安といわれています。
つまり定価1,000円の商品の原価は大体300円くらいなのです。
ですから、例えば2,000円の商品を売るときに300円を値引するのとプレゼントとして定価1,000円の商品をサービスする場合の出費はぼぼイコールです。

しかし、300円の値引より1,000円の商品をだだでもらえる方がお得感を訴求することができます。

安易に値引するよりもプレゼント用の商品を開発された方が販売会社にとっても顧客にとってもお得です。


健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年05月09日

健康食品の販売で絶対にしてはいけないこと

健康食品の販売で絶対にしてはいけないことがあります。
それは「病気の治療や治癒」を訴求するとです。
例えば「ガンが消えた。」とか「○×病が治る。」というのは絶対にダメです。

発覚するれば、薬事法により「無承認医薬品の販売」ということになります。
つまり、ニセの薬を売ったことになり、厚生労働省から行政指導を受けたり、警察から逮捕されたりする可能性があります。

何よりも、健康食品で病気が治ると思って医師の治療を受けけずに、病気が悪化してしまうことが一番おそろしいです。

健康食品は、足りない栄養を補ったり、健康維持のためにとるものです。


企画部:北


健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。