2013年07月05日

おすすめの健康食品素材@【ローズオイル】

今月は、おすすめの健康食品素材を私の独断と偏見でご紹介させて頂きます。
健康食品に使用する素材の中で私が一番好きなのが「ローズオイル」です。

花の女王とよばれるローズは深く甘い、この上なくすばらしい香りを放ちます。
古代エジプトではバラを脂肪の中に浸して香膏を作り、これを様々な皮膚病の治療に用いました。
アロマテラピーでは、抑うつ、悲嘆、嫉妬、恨みといった感情をときほぐす効果があるとされています。

弊社では、ブルガリア産の「オットーローズオイル」をおすすめしています。
それは、ダマスクローズから抽出された最高級ローズオイルのことで、2500本のバラからわずか1ccしか抽出されない、とっても貴重なオイルです。
世界中の化粧品や香水のブランドに使用されているため、サプリメント用に押さえることができるローズオイルは、ごく少量です。

このローズオイルをある程度以上の量を配合したサプリメントは、体臭の悩みを和らげることができます。
実際、一粒飲んでいただくだけで吐息が薔薇の香りになり、気分がリラックスしてゆくのを実感して頂けます。

ご興味を持って頂けた方はお気軽にお問い合わせください。


健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村


posted by 京都真創企画部 at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年06月07日

アベノミクスと健康食品の未来

先日、帰宅してTVでニュースを見て非常に驚きました。
安部首相が、アベノミクス第3の矢のスピーチで健康食品について語っていたのです。

「健康食品の機能性表示を、解禁いたします。」と

日本の内閣総理大臣が演説で「健康食品」についてグローズアップした発言をしたのは前代未聞です。

平成25年6月5日
安倍総理 「成長戦略第3弾スピーチ」(内外情勢調査会)より一部抜粋
健康食品の機能性表示を、解禁いたします。国民が自らの健康を自ら守る。そのためには、適確な情報が提供されなければならない。当然のことです。
 現在は、国から「トクホ」の認定を受けなければ、「強い骨をつくる」といった効果を商品に記載できません。お金も、時間も、かかります。とりわけ中小企業・小規模事業者には、チャンスが事実上閉ざされていると言ってもよいでしょう。
 アメリカでは、国の認定を受けていないことをしっかりと明記すれば、商品に機能性表示を行うことができます。国へは事後に届出をするだけでよいのです。
 今回の解禁は、単に、世界と制度をそろえるだけにとどまりません。農産物の海外展開も視野に、諸外国よりも消費者にわかりやすい機能表示を促すような仕組みも検討したいと思います。


今後も紆余曲折があるとは思いますが、「健康食品」にここまで大きなスポットライトが当たったのははじめてのことです。
健康食品業界の未来は明るいと私はそう思います。


葛椏s真創 企画部:北

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年05月10日

高齢者のインターネット利用率は意外と高いのです。

クライアントとの商談のおりに、
私「関節ケアのサンプリメントはいかがでしょうか?今年に入ってから需要が伸びていますよ。」
クライアント「インターネットをメインにして広告展開をしたいので、20代の女性をターゲットにした商品の方がいいいかな。」
私「最近の高齢者は、普通にインターネットを使用する人も多いらしいですよ。私の父も60代ですが自宅でインターネットくらいは見ていますし、競争率の高い20代の女性を狙うよりも、競争が手薄な高齢者を狙う方がコストパフォーマンスが高いかもしれませんよ。」
このような会話をしました。

会社に戻ってから、憶測でいいかげんな提案をしてしまったかもしれないと心配になったので、『60代 インターネット 利用率』でグーグルで検索してみました。

すると、意外と高齢者のインターネット利用率が高いことが分かりました。
『平成22度版 情報通信白書(総務省)』のデータによると
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h22/html/me411100.html

■インターネット利用状況(平成21年末)
60〜64歳 71.6%
65〜69歳 58%
70〜79歳 32.9%

正直に申し上げて私が思っていたよりも高齢者はインターネットを何らかのかたちで利用しているようです。
私はお客様に嘘の提案をしていないことが分かり、ほっとしました。

また60歳以上は非常に人口が多いので、マーケット規模としても非常に大きいのです。
今後は高齢者にインターネットを通じたアプローチも当たり前になってくることだと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。