2012年10月19日

仕組みと習慣

先日、ふと気付いたことがあります。
自宅の電気料金が2年前に比べて今年は半分になっているのです。

去年は、関西へは節電要請は来ていなかったのですが、東京電力管内のお取引先様から、節電の苦労をお聞きしていましたので自宅で自主的に節電を敢行していました。

結果、ものすごく安くなった電気代に我ながら驚きました。

全ての照明をLEDに変更して、冷蔵倉の設定を高から中に変えて、あとはクーラーを我慢しただけなのですが、大幅に電気代が安くなりました。

今年は、特に節電は意識していなかったのですが、確認してみると去年同様に安いままでした。(クーラーは我慢していないので若干高くなっていますが)

今年は、特に電気を節約する意識は無かったのですが、照明をLEDに変えるなりしてベースの電力消費量を減らしているのと、我慢する意識がなくとも電子レンジや電気ポットを極力使用しないなどの節電習慣が体にしみついているのでしょうか。今年の電気代も2年前に比べて非常に安いものでした。

土台の仕組みを作って、習慣を身につけると成果を上げ続けるのも難しいことではないのだなぁと思いました。
仕事でも良い仕組みと良い習慣を身につけられるよう努力致します。

企画部:北

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村


posted by 京都真創企画部 at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年10月05日

セルフイメージはあてにならない

こんにちは。企画部の北です。
今年の夏は、営業先でお客様に「北さん、痩せた?」
と言って頂いたことが何回かありました。
夏バテで、顔がやつれているのかな?
と気になりましたが、別段痩せたともりもありませんし、もちろんダイエットもしていませんでした。

お盆明けに、健康診断があり、その時に体重も計って頂いたのですが、なんと去年から6kgも落ちていました。
中年になり、知らぬ間に体重が増えていたことはあっても、減ったことはなかったので、驚きました。
去年は、身長178cmで体重が68kgだったので、自分の身長は178cm、体重は68kgと思っていたものが、実際は62kgでした。

現在の正確な体重を知るまでは、太りすぎないように食事も小食を心掛けていましたが、実は、痩せすぎにならないように心掛けるべきだったのです。
しかし、お客様に痩せたことをご指摘頂いても気づかず、健康診断で体重計に乗ってやっと自分が痩せたことに気付いたのです。自分の体型(体重)ですらきちんと把握できていないことに驚きました。また、私が把握しているイメージと外から客観的に見ているイメージとは大きくはなれている場合があるのだなと思いました。
私の体重はセルフイメージと実測データでは、なんと約10%も乖離していたのです。

私の体重のようなくだらないことはどうでも良いのですが、お客様のご要望と、私共のご提案がかくもイメージが離れていては問題です。自分の感性はあまり信用せずに、お客様のご要望を真摯な気持ちで伺って、かつこまめにご感想を教えて頂こうと思いました。


健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年09月21日

何がよく売れていますか?

商談の時に、お客様から
「何がよく売れていますか?」
とよく聞かれます。

実は、私からすると困った質問なのです。
なぜなら、その答えが面白くないからです。
グルコサミン、コラーゲン、ブルーベリー、黒酢、青汁等のいわゆる定番の商品が、売上の中で多くの比率を占めます。

販売元様が、固定顧客を大切にされていてリピート重視の販売戦略をとられているアイテムが、安定的に多くの量が動いているようです。
たしかに素材のはやりすたりはありますが、目新しいものよりも体感性が高くリピート性が高いものが定番となり、長く生き残る商品となっている場合が多いと思います。

結局は、販売元様がその商品に対して愛着を持って粘り強く販売されている商品が「よく売れる商品(素材)」になっているのではないでしょうか?

だから、私は販売元様に「内容が良ければ自信を持って販売することができます。」と申し上げたいです。
貴社が、貴方が情熱を注げる商品が、売れる商品になる可能性が高いと私は思っています。
粗悪品でも、売り方が上手であれば短期間で大きな売り上げをつくることは可能でしょう。
しかし、そういった商品がロングセラーになることはありません。
商品ともお客様とも長いおつきあいをさせて頂きたいと、私はいつもそう思っています。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。