2010年02月26日

禁煙

こんにちは、北です。
我々喫煙者にはつらい時代がつづきます。
なんと、飲食店や客の9割くらいが喫煙者であろうパチンコ店であっても原則禁煙を求められる通知が厚労省より出されました。

以下産経ニュースより引用
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100225/bdy1002251722002-n1.htm

公共的施設の全面禁煙要請を全国自治体に通知 厚労省
2010.2.25 17:20
 他人が吸うたばこの受動喫煙による健康被害を防ぐため、厚生労働省は25日、飲食店やホテル、百貨店など多くの人が利用する公共的な施設を原則として全面禁煙とすることを求める通知を全国の自治体に出した。喫煙可能な場所を限定する「分煙」では、指定場所以外に煙が流れ出すことが多く、厚労省はより実効性の高い対策が必要と判断した。ただ、罰則規定はなく、実施するかどうかは施設側の判断に任される。
 通知は平成15年施行の健康増進法に基づく措置で、対象は学校、体育館、病院、百貨店や飲食店など人が多く集まる施設だ。健康増進法は、こうした施設の管理者に対し、受動喫煙防止措置の努力義務を課している。しかし、具体的な施策は示していなかったが、通知は公共的な空間については原則、全面禁煙とすべきだとしている。

 屋外も、子供の利用が想定される公園などについては配慮するよう自治体に求めている。

 全面禁煙がきわめて困難な場合は、将来的な全面禁煙を前提に、当面の間、喫煙可能な区域を設けるなどの対策を求めた。

 厚労省は職場の原則禁止に向けた対策にも乗り出す方針。労働者の受動喫煙を防ぐよう事業者に義務づける労働安全衛生法の改正案を、来年の通常国会に提出することを検討している。

タバコの高額な税金をかけておいてヒドイ話です。

そろそろ私も禁煙にチャレンジせねばならない時期が、刻一刻と近づいているようです。

去年は、禁煙グッズの「電子タバコ」がヒットしました。
おそらく、今後タバコの価格が引き上げられると空前の「禁煙ブーム」が始まると思います。

なにしろ「タバコを吸わない人の健康」を錦の御旗にされたら、我々喫煙者には勝ち目がありません。
いっそのことタバコの販売自体を禁止にして頂きたいものです。
売ってなかったら喫煙のしようがないですもんね。

禁煙を補助できるリラックス効果のあるサプリを開発したら今後売れそうな気がします。
ご興味のある方は、一度お問い合わせください。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月22日

85歳まで生きると1億円必要?

こんにちは、北です。

先日、テレビ番組にて、
夫婦が60才から85才まで、ゆとりのあるセカンドライフを送るには、
「1億円」必要。と言っていました。

平成17年度総務省家計調査によれば、夫65才以上妻60才以上の無職夫婦世帯の平均生活費は、ひと月約24万円。

この他に税金や社会保険料などが約2万6000円、合計26万5000円がひと月の支出。

医療費や旅行、趣味、ゆとりのためお金を使うと20年で「1億円」必要みたいですね。

このことをテレビで見て、私のあまりの貯金の少なさに不安を感じました。
「長生きしたらヤバイな・・・。」
と思ってしまいましたし、正直そのような大金は私には貯めることはまず無理です。

年金崩壊や少子高齢化の危機が叫ばれて久しく、新聞やテレビでも近い将来大変なことになると危機感を煽っています。

しかし!実際に少子高齢化で滅びた国は、人類の歴史でひとつもありません。

なぜなら我々人類にとって初めての事態だからです。
「僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる」と昔の詩人も言っています。

外国から「日本は高齢者ばかりだけど、豊かでスゴク良い国らしい」
と言われて羨望されたら面白くないですか?

日本や我々の将来が明るいものになるように、現在をより良く生きねばと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年12月04日

寂しさウィルスにご注意

こんにちは、北です。

「寂しさ」ってインフルエンザのように感染するそうです。
アメリカのシカゴ大、カリフォルニア大サンディエゴ校、ハーバード大で研究されているのですが、同研究チームは、
「大規模な調査データを分析した結果、寂しいと感じている人は悲しげな気持ちを周囲の人に波及させる傾向があり、最終的に社会から孤立していくことが分かった。」
と結論を出しています。

寂しさはインフルエンザのように「感染」
=米研究[シンガポール 1日 ロイター] 
米国の研究チームは、寂しさがインフルエンザのように人から人へ「感染する」との調査結果をまとめた。シカゴ大、カリフォルニア大サンディエゴ校、ハーバード大の研究者らによると、寂しさは集団の間で広がっていき、男性よりも女性の方がその傾向が強いという。

 同研究チームは、大規模な調査データを分析した結果、寂しいと感じている人は悲しげな気持ちを周囲の人に波及させる傾向があり、最終的に社会から孤立していくことが分かったとしている。
 
 シカゴ大の心理学者、ジョン・カシオッポ氏は「人は寂しくなると、社会的ネットワークの端に追い込まれてしまうという特別な感染パターンを見つけた」と述べた。調査結果は学術誌「Journal of Personality and Social Psychology」の12月号に掲載されている。

 カシオッポ氏は、社会の端に追い込まれた人には友人が少ないが、残された数少ない絆も寂しさのせいで失うことになると指摘。「セーターの端で毛糸が緩むように、われわれの社会の仕組みは端の方で擦り切れやすい」と述べた。

 また、寂しさは寿命を縮めかねない精神的および肉体的な疾患とも関係するため、社会は寂しさを正しく理解し、寂しさを感じている人が「社会の端」に行く前に手助けすることが重要だとしている。

 研究チームは今回の調査にあたり、1948年から計5000人以上を対象に循環器疾患などを調べたフラミンガム心臓研究の記録を分析。

 人は寂しくなると他人を信用にくくなり、そのせいで友情を形成するのがさらに難しくなる悪循環に陥ると指摘している。

確かに元気で明るい人といると元気な気持ちになりますし、陰気な人といると暗い気持ちになりますよね。
良い感情も悪い感情も伝染するというのは、経験的に理解できます。また、自分が発した感情はいつか何倍かに増幅されて自分に返ってくるように思います。
子供のころ大人から「人にやさしくしてもらいたければ、人にやさしくしなさい」と言われましたがその通りですね。

「孤独を感じている人」や「寂しい人」は、その理由は自分の言動にある可能性が高いようです。
「人と目が合ったらニコっと微笑む」「大きな声で挨拶する」そういった最低限なマナーができているかをセルフチェックしてください。

日本でも
「笑う門には福来る」(明るくにこにこしている人には、自然と幸福が訪れる。)
と昔から言われています。

「苛立ち」や「悲しみ」はひとに染してしまう可能性があります。
マイナスの感情は、あまり表に出さず今日も明るく頑張りましょう!

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:寂しさ
posted by 京都真創企画部 at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。