2010年05月07日

諸君は昨日の専門家であるかもしれん。しかし、明日の専門家ではない。

こんにちは北です。

今月で私が京都真創に入社して8年になります。
様々なご縁を頂き、おかげ様で多くのお客様に出会い、たくさんの健康食品の企画開発のお手伝いをさせて頂きました。

技術的な知識や法知識、多くの経験をさせて頂いたと自負していましたが、先日、愛読書である司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読み返して多いに反省したことがあります。

下記「坂の上の雲」より引用
児玉は過去に何度も経験したが専門家に聞くと十中八九、
「それはできません」
という答えを受けた。
彼らの思考範囲がいかに狭いかを、児玉は痛感していた。
児玉はかつて参謀本部で
「諸君は昨日の専門家であるかもしれん。しかし、明日の専門家ではない。」
と怒鳴ったことがある。
専門知識というのは、ゆらい保守的なものであった。

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

私も健康食品企画のプロを自負していましたが、お客様に自信を持って申し上げるセリフが
「それは出来ません」でした。

経験を積み、多くの失敗をすれば【リスクの高いこと】【技術的に困難なこと】は、(経験したことであれば)容易に判断することができます。
ただ、「それは出来ません」のあとに必ずしも適切な対案をご提案できていたのだろうか?
出来る可能性を試したのだろうか?きちんと考察した上でのことなのか?
と考えると必ずしも自信がありません。

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」
というビスマルクの言葉がありますが、もっと広い視野を持とうと痛感しています。

謙虚な気持ちで積極的に多くの人のお話を聞かせて頂き、多くの本を読んで見識を広めたいと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年02月26日

禁煙

こんにちは、北です。
我々喫煙者にはつらい時代がつづきます。
なんと、飲食店や客の9割くらいが喫煙者であろうパチンコ店であっても原則禁煙を求められる通知が厚労省より出されました。

以下産経ニュースより引用
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100225/bdy1002251722002-n1.htm

公共的施設の全面禁煙要請を全国自治体に通知 厚労省
2010.2.25 17:20
 他人が吸うたばこの受動喫煙による健康被害を防ぐため、厚生労働省は25日、飲食店やホテル、百貨店など多くの人が利用する公共的な施設を原則として全面禁煙とすることを求める通知を全国の自治体に出した。喫煙可能な場所を限定する「分煙」では、指定場所以外に煙が流れ出すことが多く、厚労省はより実効性の高い対策が必要と判断した。ただ、罰則規定はなく、実施するかどうかは施設側の判断に任される。
 通知は平成15年施行の健康増進法に基づく措置で、対象は学校、体育館、病院、百貨店や飲食店など人が多く集まる施設だ。健康増進法は、こうした施設の管理者に対し、受動喫煙防止措置の努力義務を課している。しかし、具体的な施策は示していなかったが、通知は公共的な空間については原則、全面禁煙とすべきだとしている。

 屋外も、子供の利用が想定される公園などについては配慮するよう自治体に求めている。

 全面禁煙がきわめて困難な場合は、将来的な全面禁煙を前提に、当面の間、喫煙可能な区域を設けるなどの対策を求めた。

 厚労省は職場の原則禁止に向けた対策にも乗り出す方針。労働者の受動喫煙を防ぐよう事業者に義務づける労働安全衛生法の改正案を、来年の通常国会に提出することを検討している。

タバコの高額な税金をかけておいてヒドイ話です。

そろそろ私も禁煙にチャレンジせねばならない時期が、刻一刻と近づいているようです。

去年は、禁煙グッズの「電子タバコ」がヒットしました。
おそらく、今後タバコの価格が引き上げられると空前の「禁煙ブーム」が始まると思います。

なにしろ「タバコを吸わない人の健康」を錦の御旗にされたら、我々喫煙者には勝ち目がありません。
いっそのことタバコの販売自体を禁止にして頂きたいものです。
売ってなかったら喫煙のしようがないですもんね。

禁煙を補助できるリラックス効果のあるサプリを開発したら今後売れそうな気がします。
ご興味のある方は、一度お問い合わせください。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月22日

85歳まで生きると1億円必要?

こんにちは、北です。

先日、テレビ番組にて、
夫婦が60才から85才まで、ゆとりのあるセカンドライフを送るには、
「1億円」必要。と言っていました。

平成17年度総務省家計調査によれば、夫65才以上妻60才以上の無職夫婦世帯の平均生活費は、ひと月約24万円。

この他に税金や社会保険料などが約2万6000円、合計26万5000円がひと月の支出。

医療費や旅行、趣味、ゆとりのためお金を使うと20年で「1億円」必要みたいですね。

このことをテレビで見て、私のあまりの貯金の少なさに不安を感じました。
「長生きしたらヤバイな・・・。」
と思ってしまいましたし、正直そのような大金は私には貯めることはまず無理です。

年金崩壊や少子高齢化の危機が叫ばれて久しく、新聞やテレビでも近い将来大変なことになると危機感を煽っています。

しかし!実際に少子高齢化で滅びた国は、人類の歴史でひとつもありません。

なぜなら我々人類にとって初めての事態だからです。
「僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる」と昔の詩人も言っています。

外国から「日本は高齢者ばかりだけど、豊かでスゴク良い国らしい」
と言われて羨望されたら面白くないですか?

日本や我々の将来が明るいものになるように、現在をより良く生きねばと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。