2009年04月22日

花粉症は、人災?〜黄砂に吹かれて鼻水をかむ〜

こんにちは!
企画部の北です。

皆さんは、春といえば何をイメージされますか?
私にとっては、野球の開幕です。
寒い冬の中春の到来とプロ野球開幕を今や遅しと待ちわびていました。

「ビールと野球中継があれば何もいらぬ!」
という安上がりな男です。
贔屓のチームが勝てば次の朝までゴキゲンです♡


さて、春の風物詩のひとつに「黄砂」があります。
短歌でも「黄砂」は春の季語です。
「黄砂に吹かれて〜。・・・」工藤静香サンも歌っていたアノ黄砂です。

ところが、その黄砂が実は花粉症の症状を、更に悪化させているということをご存知でしたか!?

春霞の海.JPG
日本に飛来した黄砂により春霞のかかったように見える海、明石市魚住漁港にて。2006年3月11日撮影。
(画像参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/春霞の海.JPG


私は、洗濯物や車が汚れるのでキライですが、自然現象なので仕方無いと思っていました。

しかし調べてみると、

中国から飛んでくる「黄砂」の日本への年間飛来量は500万トン。
朝青龍に(重量)換算すると、なんと約3万4千500人分です!!
スゴイ!量です。

しかも、中国の人口増加や工業発展のため年々ゴビ砂漠、及びタクラマカン砂漠は拡大しています。今後「黄砂」の飛来量は増加してゆくことでしょう。
(中国での砂漠化の主な原因は、過伐採、過放牧、過剰耕作、水利用の失敗などの人為的なものに加えて、自然な気候変動による乾燥化が重なったことだとされている。)

ただの「砂」だけなら良いのですが、
近年の研究によると「黄砂」には、細菌や農薬や有害物質も含まれているとのことです。
実験によると「花粉」だけよりも、「花粉」+「黄砂」の方が粘膜の炎症が悪化します。
黄砂が多い日には、花粉症、喘息、アトピーなどのアレルギー疾患の悪化が見られるとのこと。

どうも近年の花粉症の増加には、「黄砂」もひと役かっているようです。

最近、私の周りでも「花粉症」の人が増えました。
こんなに気持ちのいい陽気なのに、お気の毒に外出するのも億劫とのことです。
1日中、くしゃみをして花ならぬ鼻をかんではります。

花粉症は、大人になってからでも発症しますので
年々、花粉症の人口は増えているのでしょう。

花粉症対策サプリメントのご注文も例年よりも増えてきました。

アレルギー(花粉症)対策グッズの需要は、今後益々増えると思います。
来年のシーズン見越して「アレルギー(花粉症)対策サプリ」を企画させては如何でしょう。

気が早いとは思いますが、花粉症対策のサプリはシーズン前に製造しておかないと旬に間に合いません。

よろしければ、是非お問い合わせください。
http://www.kyoto-sinsou.co.jp/form/form.html


我々も豊かさを、享受したいのはやまやまですが、
これからは、私達の子や孫の世代のことを考えて
環境のためにコストを支払う必要があると思います。

そのうち環境が劣悪になりすぎて宇宙服のような格好で外出しなければならない日が来そうな気がします。
448px-Space_suit.jpg
(画像参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Space_suit.jpg

全世界レベルでの環境対策の必要性を(黄砂に吹かれて?)感じました。

健康食品OEMなら京都真創へ

励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

タグ:花粉症 黄砂
posted by 京都真創企画部 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月24日

付加価値とサービス

皆さんタバコは吸いますか??
最近、禁煙運動が強く東京都では屋外でも吸えない区があったり大阪では御堂筋という大通りで既に喫煙禁止となるなどスモーカーにとっては徐々に肩身が狭くなってきましたね。

既に始まってる地域もあるようですが、「taspo」がないと自動販売機でタバコの購入ができなくなります。未成年者喫煙防止が目的のようですが、真偽の程は。。。

続きを読む
posted by 京都真創企画部 at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月22日

ストレス解消

毎朝電車で通勤しているのですが、電車の中とういうのは色々な人種(外国人の方が多いという意味ではございません)がいて楽しいものです。

わたしのような会社員の方や学生、孫を連れたご老人や主婦のグループなど実に様々です。
また、電車の中での時間の過ごし方も人によって違いますね。

ひたすら寝て休息を摂る人もいれば、ノートパソコンを開いてカタカタとキーボードを叩いている人、新聞を器用に折りたたんで読んでいる人(わたしも挑戦しましたがあっさりぐしゃぐしゃになってしまい無理でした)、携帯電話をひたすら触っている人やポータブルゲームで遊んでいる人、読書に勤しむ人などいろんな人がいます。

わたしはというと読書をしています。ただ、すぐ眠たくなるので読みやすい本を読んでいるのですがその中の一つに中島らも作の「しりとりエッセイ」というのがあります。これは一回目のテーマから順にしりとり形式で次のテーマを決め最後に「ん」で終わるように構成されたエッセイですが、ラッシュアワー時のいらいらする気持ちにクスッと緩和剤にも似た微々たる笑いを誘ってくれるのでストレス社会にはもってこいではないでしょうか。

続きを読む
posted by 京都真創企画部 at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。