2015年03月27日

東京都平成26年度健康食品試買調査結果

東京都が行った、平成26年度健康食品試買調査によると


インターネットや健康食品売場などで、125品目を購入して調査したところ


105品目でなんらかの法令に違反している疑いがあったとのことです。




↓東京都ホームページ






この調査は、元々法令違反の疑いがある商品を絞り込んでから


行っているので実際の健康食品マーケットでこのような高確率で違反が行われて


いるわけではありません。(実際は、まじめな販売者がほとんどです。)




私が、驚いたのはこの125品目中で


食品衛生法に違反する可能性があるものが、53品目


JAS法に違反する可能性があるものが、、53品目


健康増進法に違反する可能性があるものが、、44品目


もあったことです。




これらの法律は、パッケージ表記に関する法律です。


つまり、パッケージ表記の方法も間違っているということなのです。


私は、この事実を容易に受け入れることができません。


なぜなら、これらの商品の製造を受託する工場もこれらの間違った表示を見ているはずだからです。


これらの表示に関する法律を理解していなければ健康食品の製造を行うべきではないと思いますし、


分かっていてこれらの表示違反を見逃したのなら非常に悪質です。




当然のことですが、私共はラベルやアルミ袋、化粧箱などの表示は法律で必須な部分は、


弊社で表示案を作成してクライアントにご提示をさせていただきますし、


出来上がったデザインも法令違反が無いことを複数人で複数回確認してから、


パッケージの印刷をさせていただいています。


非常にめんどくさい作業ですし、時にはクライアントに苦言を呈することも必要なので、


ご機嫌を損ねないように非常に気をつかいます。


しかし、これくらいは受託製造企業として最低限の義務ではないでしょうか?


この程度のこともできていない工場が存在することを知って非常に遺憾です。




弊社がお手伝いさせていただいた商品では、上記のようなパッケージ表記に対する違反で


販売元様が行政に指導を受けたことは1例もありません。


健康食品の製造委託先をお探しの方は、安心して弊社にお問い合わせをください。




企画部:北
posted by 京都真創企画部 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年02月27日

ショッピングカートの代わりにAmazon

非常に、用途が限られますが、手軽に自社サイトに
ショッピングカートを用意する方法をご紹介します。

やり方は、簡単です。
@Amazonに出店する。

A自社サイトの商品ページに、Amazonの自分が
出品した商品ページへのリンクを貼る。


こうすることによって、商品が売れるとAmazonが出荷と代金回収を代行してくれます。

非常に楽チンですし、顧客も大抵の場合は、
注文の当日か翌日には商品を受けとることができます。

Amazonに出荷を委託すると送料も非常に安価ですし、
配送が異常なくらいに早いです。

梱包資材(ダンボール等)も手配する必要もありません。


しかし、2つ大きなデメリットがあります。

@パンフレットなどの同梱ツールを入れることができない。

AメルマガやDMなどを送ることができない。(そういった規約です。)


上記に述べたようなメリット、デメリットがあります。

健康食品の通販でAmazonを活用する価値があるのは、下記の2つの場合です。

@自社商品で、1回の出荷で利益が見込める商品。(CPOが粗利よりも安い場合)

A不良在庫の処分(Amazon内で最安なら売れます)

B楽天やYahoo!ショッピングモールなどのモール出店の選択肢として。
(世の中には、Amazonでしか買い物をしない人もいます。)

こうして文章にしてみると、非常に限定的な場面でしか活用は難しいですね...。


企画部:北
posted by 京都真創企画部 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年02月13日

マメさが大事です。

マメな男はモテるといいますが、
マメな会社は、売れます。

先日、ある商品(ジャンルは化粧品)をプライベートで購入したのですが非常にマメです。
1/26にWebから注文をして2/13(本日)まで19日間の間になんと7回のメール、
1回のDM、そして商品が届いています。
ほぼ2日に1回のペースでなんらかの投げ掛けを行っているです。

●1/26 商品注文
○1/26 ご注文完了のお知らせ、会員登録完了のお知らせ(メール)
○1/27 ご注文商品発送のお知らせ(メール)
○1/29 ご注文ありがとうございます(メール)
○2/ 1  商品は届きましたでしょうか?(メール)
○2/ 6  ○○はお使いいただきましたか?(メール)
○2/10 【緊急告知】メルマガ限定シークレットセール!(メール)
    (※これのみ購入商品以外の商品のセール案内)
○2/10 定期購入案内(DM)
○2/13 定期購入案内(メール)

こうして、書き出してみるとなかなかのしつこさです。
しかしながら、受け取った当人(私)からすれば全くしつこいとは感じませんでした。
なぜなら、販社はあくまでも顧客に対して親切でメールやDMを送っているからです。
(正確には、そう感じさせるつくりになっているのです。)

たとえば、1/29のメールは、商品の使用方法の詳細や他社品と比べて
何が良いかを分かりやすく書かれていました。通信販売で物を買うのは、
実物を見ずに買うよりはやはり不安なものです。
しかし、こういう案内をもらうとやはり買って良かったのだと安心することができます。

すべての販社からの連絡がこのように親切心を纏って、
だからお得な定期購入コースがおすすめですよ。
と再注文か定期に誘導するストーリーになっていました。

この商品は、発売から4年ですがすでに30万個のヒット商品です。
やはりマメな会社は売るのだと感心しました。


定期購入コースの仕組みを知るならLTVを知ろう。
posted by 京都真創企画部 at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品OEMについて このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。