2010年04月30日

値上げですか?

こんにちは北です。

デフレの世の中で、タバコだけは値上だそうです。
↓↓
MSN産経ニュース
JT 10月からたばこ110〜140円値上げ マイルドセブンは410円に
biz1004281529017-n1.jpg
発売30周年を迎えた「マイルドセブン」の歴代のパッケージ=2007年5月31日
日本たばこ産業(JT)は28日、10月のたばこ税増税に伴い、たばこ1箱当たりの小売り価格を10月1日から現行に比べて110円〜140円値上げすると発表した。対象となるのは全105銘柄のうち103銘柄。同日、財務省に小売り定価改定の認可申請を行った。
 代表的な銘柄である「マイルドセブン」は現在の1箱300円から410円に、「セブンスター」が300から440円になる。政府の増税幅は1箱あたり70円(1本3・5円)だが、「大幅な需要減少が見込まれる中、メーカーとしてのコスト削減だけではカバーしきれない」(木村宏社長)として、増税幅以上の値上げに踏み切る。
 一方、同社が同日発表した2010年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比18・5%減の2965億円となった。健康志向の高まりなどで、国内たばこ販売が約5%減少したのが響いた。
 売上高は同10・2%減の6兆1346億円。国内外のたばこ販売が減少したほか、飲料など食品事業も価格競争の激化で苦戦した。経常利益は17・0%減の2553億円、最終利益は特別損失の大幅な減少が寄与して12・2%増の1384億円だった。
 11年3月期の業績見通しは、売上高が2・5%減の5兆9800億円、営業利益は0・5%減の2950億円。増税に伴い、国内たばこ販売が16%減少すると予想しているためだ

タバコに含まれるニコチンには依存性があります。
つまり喫煙者は、の多くはニコチン依存症なのです。
私は禁煙するつもりは全くありません。禁煙のストレスに耐えられないのです。

私は、愛煙家ですがそろそろタバコの販売自体を国法をもって禁止するべきだと思います。
タバコ税を国家財政の当てにするなんてとんでもないことです。
手軽に入手ができなくなれば、意志が弱い私でもさすがに禁煙できるでしょう。

ここ数年で、運動不足と中年太りで20代のころと比べて10kgも体重が増えてしまいました。
健康に携わる産業に従事している以上は、自分の健康にも気を付けなければと思いました。
禁煙したら、また太るのかな・・・。
値上げを機会にせめてタバコの本数を減らそうと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村




posted by 京都真創企画部 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界ニュース このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年03月12日

タダでもうける?!“無料ビジネス”

こんにちは北です。

先日、NHKのクローズアップ現在で興味深いテーマが取り上げられていました。

「タダでもうける?!“無料ビジネス”の舞台裏」
photo2860-1.jpg


今、IT業界では無料のサービスが凄まじい勢いでシェアを広げています。
・Webを通じて無料で話せる国際電話
・無料で楽しめる携帯ゲーム
・無料で話題を呼ぶ最新の電子カルテシステム

しかも、これらの無料ビジネスは、広告収入で利益を得ているわけではありません。
もちろんタネも仕掛けもあるのです。

・Webを通じて無料で話せる国際電話
⇒一部のカスタマーに有料のスペシャルサービスを販売。その収益で利益が生み出せる。
何億人ものカスタマーがいるのでその中のごく一部といっても結構な数になるそうです。

・無料で楽しめる携帯ゲーム
 ⇒ゲーム内でのアイテムが有料。有料アイテム無しでも十分楽しめるが有料アイテムを購入するとゲームがより楽しくなる。

・無料で話題を呼ぶ最新の電子カルテシステム
 ⇒電子カルテシステム自体は、完全無料。電子カルテに記録された疾病や医薬品の情報を医薬品会社や研究機関に販売し収益を得る。

特に電子カルテシステムの事例では、従前のスキームではシステムを使用する病院や医師は、顧客だったのですが、無料のシステム使用といった対価と引き換えに情報収集元になっています。
また、従来の電子カルテシステムは、安価なものでも10万円しますので、同等品が無料なので圧倒的な勢いでシェアを獲得しつつあり大量のデータが、今度は逆に無料で入手可能であるとのことです。
まさしくコロンブスの卵的な発想だと思います。

今後は、無料でサービスを提供する企業がシェアを寡占する可能性が高いので、寡占後のサービスの低下が心配されます。

また、人間は「無料」と言われた瞬間に冷静な判断力が鈍ってしまうという一面もあるようです。
ある経済学者の実験によると、例えば、100円/個の普通のチョコレートが、5円。1,000円/個の高級チョコレートが30円で、ひとり1個のみ購入可能な場合の購入率は、普通チョコ30%、高級チョコ70%で高級チョコの方が多く売れます。
両方とも1円づつ値段を下げてゆくと普通1円、高級24円までは普通30%、高級70%なのですが、普通0円、高級25円になると購入比率は、逆転し普通70%高級30%になってしまいます。
高級チョコをゲットした方が圧倒的にお得なのですが「無料」になった時点でそのような判断が鈍くなってしまうのです。
photo2860-2.jpg

日本では、昔から「タダより高いものは無い。」と言っていましたが・・・。

ただ「無料」と言われても別のどのようなカタチで対価を我々が支払っているのかを十分に考える必要があると私は思います。

上記の無料ビジネスは、答えを聞いてしまえば「なるほど!」と納得できますが、1番最初に思いついて、かつ実行できたからこそ巨大なシェアや利益を手にすることができたのです。

今後のサバイバルでは、脳の柔軟性と瞬発力を鍛えねばばらないと思いました。
コロンブスを目指しましょう!パイオニアこそが巨利を手にすることができるのです。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界ニュース このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年02月04日

シャンピニオンエキス製品の排除命令について

昨日2月3日、公正取引委員会より「シャンピニオンエキス」を成分とする健康食品を販売する製造販売メーカー7社に対し、排除命令が出されました。

概要は、シャンピニオンエキスによる口臭、体臭及び便臭を消す効果を示していた商品パッケージ、通信販売用カタログ、新聞広告、新聞折り込みチラシ及びインターネット上のウェブサイトにおける表示に対して、当該7社による提出された資料は裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められなかったためとされています。

参照:http://www.jftc.go.jp/pressrelease/09.february/090203.pdf

詳細及び当該7社については上記、公正取引委員会より発表された文書をご確認ください。
posted by 京都真創企画部 at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界ニュース このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。