2016年02月19日

無料サービスから入った顧客をヘビーユーザーに育てる

1/29のこのブログhttp://xn--oem-r10ei3remrv69g.jp/article/433608017.html
にも書きましたが、最近私はKindle(キンドル)を非常に気に入っています。
Kindle(キンドル)とは、Amazonの電子書籍サービスです。
インターネットで電子書籍を購入すると、専用アプリをダウンロードして初期設定をするだけで自分が持っているスマホでもタブレットPCでもPCでもKindle(キンドル)専用端末でも全ての端末で自分が所有している電子書籍を読むことができます。また、無料クラウドに電子書籍を保管して読みたい本だけを端末にダウンロードして読むことができるので、保管スペースを気にせずに無限に蔵書を増やすことができます。

私は、読書が大好きですが蔵書が増えすぎて保管に困っていました。
しかも、本というものは捨てるときに何故か罪悪感をともなうのです。
子供のときに本は大切にするように躾けられたからでしょうか?
しかし、私の読書スタイルでは基本的に同じ本を2度読むことは滅多にありません。
ほとんどは、読了して本棚に仕舞ってそのままです。
そして、本も本棚もどんどん増殖して私の居住空間を少しづつ圧迫していくのです。
私はついに蔵書を処分することを決意しました。
大体、千冊くらいあったと思いますが、ほとんどを処分しました。
部屋がすっきりして(本で)散らからないので非常に快適です。
捨てた本をもう一度読みたくなったら、また買えばよいだけのことです。

私がこの英断に至ったのは、Kindle(キンドル)のおかけです。
本は買うことはできるけど、データとしてクラウドに保管されるため保管スペースは不要なのです。Kindle(キンドル)のサービスでは、無料の書籍や数十円の超廉価商品が結構充実しています。また、Kindle(キンドル)専用端末もキャンペーン中で約5,000円と安価だったのでつい購入してしまいました。最初は、無料や数十円のものを数冊読んだのですが、最初は紙の本と比較するとやはり違和感がありましたが、ようは慣れです。何冊か読めば慣れてしまいました。

私は、書籍の購入を止めたのではありません。
従来の紙の本からデータ化された電子書籍をKindle(キンドル)専用端末かスマホで読むスタイルに読書方法を変えたのです。そしてKindle(キンドル)専用端末を年末に購入してから電子書籍をすでに数十冊購入しています。何事も体験しなければ、良いか悪いかは分かりません。サービスや商品を販売する企業からすれば、とりあずは顧客に体験させなければなりません。良さを顧客に体験させ気に入らせることができれば、今回の私のようなヘビーユーザーがいっちょあがりです。

『損して得とれ』と言いますが最初は無償でも顧客に投資することも大切なのかなと思います。

企画部:北
posted by 京都真創企画部 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年09月27日

顧客は、不満をなかなか口にださない。

スマホの機種変更で、某携帯電話ショップに行った時のことです。
諸々の手続きに時間は必要でしたが、ショップの店員さんは非常に懇切丁寧に接客してくださり、またその店員さんが若いお嬢さんでしたので普通であれば非常にラッキーなのですが、ただひとつだけ非常に残念なことがありました。
その店員さんの口臭が非常に酷かったのです。おそらく歯槽膿漏か酷い虫歯だったのでしょうか?1時間近くの時間を近距離で向き合って座っているのは拷問に近い苦痛でした。

彼女は、私の後にも接客をしなければならないので、そのお客さんと彼女のために、本来は、注意をしてあげるべきなのでしょうが、若い女性に「あなた口臭がひどいですよ。」とは非常に言いにくいものです。卑怯にも私は、何も言わずに店を出ました。

私は、客として店を訪れて非常に不愉快な思いをしながらも何も言いませんでした。
おそらく同じ目に遭っても大半の人は私と同じように見て見ぬふりを決め込むことでしょう。
しかし、文句を言わないからと言って客は不満を持っていないわけではないのです。

我々がクライアントに提供するサービスや商品においても同じことでしょう。
クライアントからクレームが来ないからといってサービスが完璧なわけではないと思います。
口に出して言われなくともクライアントが持っている不満や要望を忖度する想像力を持たないいけないなぁ。とこの残念な店員さんに接客されながら考えていました・・・。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

2013年06月14日

「なにを言うか」よりも「だれが言うか」が大切

昨日、帰宅してTVをつけるとバラエティー番組で面白い実験をしていました。
道行く一般人に声をかけて市販のレトルトカレーと有名シェフが料理したカレーを食べ比べてどちらがおいしいかを聞く実験です。
結果は、もちろん『有名シェフのカレー』が圧勝でした。

しかし、本当はこの有名シェフのカレーは、実は偽物で、比較対象のレトルトカレーと全く同じものだったのです。

被験者たちは、見事に有名シェフの権威にまんまと騙されて、全く同じ素材、全く同じ調理方法、全く同じお味であるはずのものを、違うものと認識してしまったのです。

被験者達を権威に騙されやすい味音痴であると笑ってはいけません。
幸運にもTVにも出演している有名シェフがつくった料理を食べることができたと喜べば、美味しく感じて当然です。素直で正直な私など同じ体験をすれば、いとも簡単に騙されてしまうでしょう。

モノの見せ方って本当に大事だなぁと思うと同時に、普段の行いも非常に重要だと思いました。
私も「君がそう言うのなら分かったよ。」と人から言って頂けるような信用ある人間になれたらなぁと思いました。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。