京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2009年03月02日

「技術プラスα」〜野村克也 超一流への軌跡〜

こんにちは!企画部の北です。

昨日、楽天の監督である野村克也氏の「あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将」という本と拝読しました。
(監督の器とは何か?WBC問題に端を発した監督選考。リーダーの資質と条件を徹底分析する野村監督独自の監督論。全球団の監督を敵将が徹底評論する! )といった内容です。


その中で、野村克也氏が現役プレーヤー時代にどうやって壁を突き破って一流のプレーヤー(名キャッチャーにして強打者)として変貌をとげたかを紹介されていました。

彼のプロ野球人生は、テスト生上がりでブルペンキッチャーからのスタートです。つまり、入団当時は、全く球団から期待されていなかった。
彼は、認めてもらいたい一心で人の2倍3倍練習をしてレギュラーのチャンスを勝ち取り、打率3割を達成します。

しかし、次の年から2割5分しか打てなくなった。マークがきつくなったからです。

そこで野村氏は、ご自分の打撃技術の限界を悟りました。
「オレの技術では、これ(打率2割5分)が限界だ」と。

そこから野村氏の「ID野球」が生まれます。
敵のデーターを徹底的に分析し、それを元に最も高い確率を選択して実行する。
(今では当たり前のことですが、当時のプロ野球では革新的なアイデアです。)
かくして彼は超一流のプレーヤーに変貌をとげます。

MVP:5回(1961年、1963年、1965年、1966年、1973年)
三冠王:1回(1965年)※戦後初。
首位打者:1回(1965年)
本塁打王:9回(1957年、1961年 - 1968年)※9回獲得、8年連続獲得はいずれもパ・リーグ記録。
打点王:7回(1962年 - 1967年、1972年)※7回獲得、6年連続獲得はいずれもパ・リーグ記録。
ベストナイン:19回(1956年 - 1968年、1970年 - 1973年、1975年、1976年)
          ※通算19回受賞は、史上最多。
ゴールデングラブ賞:1回(1973年)

(※引用:野村克也―Wikipedia

彼は、誰よりも多くの練習をこなしたうえで自分の技術の限界を謙虚に認めたのです。
そして新しい取り組みを独自に始めて、新しい活路を見出したのです。
そこから、超一流のプレーヤーとしての記録と名監督への道が開けたのでないでしょうか?

私は、拝読して己に対しての甘さを痛感しました。

基本のレベルまでは、根性も気力もがむしゃらさも大切です。
(私などまだ「限界を認める」レベルにまで達していませが、)
しかし、プロとして一流を目指すのであれば、「技術プラスα」が必要です。

己の限界を認める

正しい方向性

新しい活路を見出す

技術プラスαの努力
・・・

勉強になりました!

貴社にとって、貴方にとっての「技術プラスα」は何でしょうか?
混迷の時代、気合と根性だけでは乗り切れません。
我々も、謙虚な気持ちで「技術プラスα」を追い求めます!!

健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年02月27日

ブルー・オーシャン戦略と男性用下着〜甲冑パンツで勝負!!〜

こんにちは、企画部の北です。

1万円近くもする(男性用)パンツが今売れています。

その名も甲冑パンツ「志道

戦国武将が着用した鎧や家紋のデザインをモーチーフしたパンツだそうです。

織田信長」「豊臣秀吉」「真田昌幸」「井伊直政」「伊達正宗」「徳川家康」「森蘭丸」「武田信玄」の8種類があります。

見た目は、非常にカッコイイ!です。


また、新素材「BLESS BANDAGE」を使用しておりフィット感があるにもかかわらず、通気性が高くムレにくいのが特徴だそうです。従来の「綿・ポリウレタン混紡生地」と比べ、約7倍もの通気性あり非常にはき心地も最高とのことです。

発売元のログイン株式会社様のHP
http://www.sido-collection.com/を拝見していると、私も欲しくなって思わず「織田信長」の甲冑パンツ9,240円也を購入しそうになりました。

大事な商談の日にはいていって「今日は桶狭間の戦いだ!!」と自分に気合を入れるのもアリだと思います。
歴史小説(特に司馬遼太郎)が好きな私としては非常に心引かれます。(残念ながら売り切れでした・・・。)


最近よく聞くマーケティング理論に「ブルー・オーシャン戦略」があります。

競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海)」とし、競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン(青い海)」を切り開くべきだと説く。そのためには、顧客にとってあまり重要ではない機能を「減らす」「取り除く」ことによって、企業と顧客の両方に対する価値を向上させる「バリューイノベーション」が必要だとしている。そのための具体的な分析ツールとして、「戦略キャンバス」などを提示している。

従来からよく知られているマイケル・ポーターの競争戦略が、「事業が成功するためには低価格戦略か差別化(高付加価値)戦略のいずれかを選択する必要がある」としているのに対し、ブルー・オーシャン戦略では、低コストと顧客にとっての高付加価値は両立し得ると主張している。

ブルー・オーシャン戦略―ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

ブルー・オーシャン戦略とは、競争の無い超ニッチを狙ったり(例:メンズブラ←今のところ取扱いは多分1社のみ)、従前とは違う戦場で競合との直接対決を避ける(例:任天堂Wiiの他社のゲーム機のような高性能化による差別化では無くゲーム機の新しい遊び方の提案)といった戦略です。

今回ご紹介させて頂いた「甲冑パンツ」もブルー・オーシャン戦略の成功例のひとつといえるでしょう。1枚9240円もする男性用パンツが飛ぶように売れるとはスゴイですよね。

よろしければ、貴社も京都真創と一緒にブルー・オーシャン戦略で商品を開発しませんか?

甲冑パンツ」や「メンズブラ」のようなヒット商品を世に送り出しましょう!!

健康食品OEMなら京都真創へ
posted by 京都真創企画部 at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年10月20日

おもちゃに見る健康ビジネス

メタボ検診の導入や、今年のオリンピックなどを反映してか、国民の健康志向の高まりは、かなり効果を上げているようです。

任天堂 Wii Fitの大ヒットは、家族揃って楽しみながらトレーニングできるツールを提供することによって、「わかっちゃいるけどなかなかねぇ」という層をうまく購買につなげた好例であるといえるのではないでしょうか。

そこで、おもちゃメーカーはこの流れを敏感に感じ取って、次なるマーケティングを狙ってきているようです。

まずは、たまごっちでバーチャルに育てることの楽しさを訴求し、大ヒットを生み出したバンダイから、『遊歩計』と題し、「宇宙戦艦ヤマト」と「母を訪ねて三千里」という30代以上の世代のオタク心を微妙に刺激する商品を投入するようです。

http://www.bandai.co.jp/releases/J2008100601.html



今なお熱い「ガンダム」というソフトを所有し、ブランディングを心得たバンダイならではの遊び心といったところでしょうか。

「イスカンダルまであといくら」だとか、「地球滅亡まであと何日」とか気分を盛り上げながら歩く楽しみを感じることができますね。


また、同じようなコンセプトで商品を投入しているのが、同じおもちゃメーカーのハピネットの『TAXI WALKER』です。

こちらは歩いた距離をタクシーの料金のように表示してくれる万歩計です。自分はこれだけ歩いたのだと確認できると共に、これだけの金額を節約したんだという見方もできる楽しいツールですね。

世界恐慌の不安を感じながら頑張っているビジネスパーソンたちも、節約というワードはいまやとても重要になっているといえます。

遊び心を持ちながら、世相心理も反映する。

アイデアというものはどこにでも転がっているものですが、それをキャッチできるすぐれたアンテナを磨いていきたいものですね。



面白い健康食品の企画なら京都真創にお任せ下さい。




▼ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。▼
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
posted by 京都真創企画部 at 13:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。