2010年02月05日

わたくしの健康法は・・・。

こんにちは、北です。

本日、2月5日はプロ野球が発足した日です。

職業野球連盟設立の日/プロ野球の日(日本)
(1936年2月5日に、全日本職業野球連盟が結成され、プロ野球が誕生したことに由来。)


以下、ウィキペディアより引用
1934年 - 「大日本東京野球倶楽部」(東京巨人軍)が設立。
1935年 - 「大阪野球倶楽部」(大阪タイガース)が設立。
1936年 - 「日本職業野球連盟」設立。「大日本野球連盟名古屋協会」(名古屋軍)、「東京野球協会」(東京セネタース)、「名古屋野球倶楽部」(名古屋金鯱軍)、「大阪阪急野球協会」(阪急軍)、「大日本野球連盟東京協会」(大東京軍)が発足。現在のようなペナントレースが始まる。
※全国規模の社会人スポーツリーグの日本第1号となった。


今年は、「女子プロ野球」も発足します。
非常に楽しみですね。

プロ野球のキャンプもスタートしました。
今年も頑張って愛する阪神タイガースを応援したいと思います。

何事もメリハリが大切といいますが、私の場合は阪神が勝利するとしばし嫌なことやストレスを忘れることができます。

大きな声を出したり、笑ったりすることは非常に健康に良いそうです。
(免疫力が活性化するそうです。)

今年も可能な限り甲子園に通って
大きな声で応援して
六甲おろしを歌って
健康な1年をすごしたいと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月29日

出版界の黒船

こんにちは、北です。

昨日TVニュースの特集で「電子書籍」が取り上げられていました。
TKY200908260211.jpg

アメリカでは、携帯用端末(ノートくらいの大きさ)でダウンロードされた書籍を読むことが常識になっているとのことです。
書籍は、Webサイトからダウンロード可能で通常の紙の書籍(本)の半額くらいで購入可能なのです。
しかも内臓メモリーの中に数千冊を記憶させられるとのことです。
端末自体は、日本円で3万〜5万円で売っていて去年のクリスマス商戦で大ヒット!

というニュースを見て私も非常に欲しくなりました。
音楽が、CDを購入するのではなくWebからダウンロードする時代に移行しつつある現状をみても間違い無く「電子書籍」の将来は明るいと思います。

ただし、現状は英語版の端末及びサービスしか無いとのことです。

今後、日本でも同様の商品やサービスの定着を期待します。
私は、読書が大好きですが,すぐに本が増えて本棚からあふれるので困っています。

先日の引越しでも本棚に入りきらなかった本を200冊ばかり処分してしまったところです。
正直、本棚が不要になれば部屋が広く使えるので非常にうれしいですね。

出版業界も不況と伺っていますが、Web化や書籍化にのり遅れた出版社が淘汰されて行くのでしょう。
10年後には、本屋さんのほとんどが姿を消しているかもしれません。
盛者必衰と申しますが、我々も10年後20年後にもサバイブできているように時代の変遷に注視したいと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:電子書籍
posted by 京都真創企画部 at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年01月15日

「エコ」について思うこと

こんにちは、北です。

近年、「地球の温暖化」や「エコロジー」に対する議論が盛んです。
もちろん私も結構なことだと思いますし、賛成は賛成です。

我々、日本人は非常に強い自然に対する愛情を持っていますし、
日本の美しい自然とともに生きた民族でもあります。

実際に、脳の研究者によると日本人は、「虫の声」「川のせせらぎ」「波の音」などの自然が発する「音」を脳の中で、「言語を司るエリア」で感知するそうです。

欧米人や(日本に地理的に近い朝鮮半島の人や中国人も)は、上記の音は機械音や雑音と同様に「音楽脳」で感知するそうです。

日本以外で育った他国語で育てられた日本人(もちろんDNAは100%日本人)であっても欧米人のような感じ方をするそうです。

おそらく、日本語が日本人の「音に対する感受性」をそうさせたのではないでしょうか?

また、文化的な側面もあると思います。
日本が世界に誇る「世界最短の詩」である「俳句」は、五・七・五の非常に短い音節の中に言葉の調べと「季語」と「切れ」によって短い詩でありながら心のなかの情景(心象)を大きくひろげることができる特徴を持っています。

我々、日本人は日本の美しい四季の中で、「虫の声」を言葉として聞き、自然を主題として詩をつくり、「自然そのもの」や「大地の恵み」を神として神社に祀ってきた民族なのです。

二酸化炭素の数値を下げることも必要かもしれませんが、我々が受け継いできた「言葉」や「情感」を誇りにして「エコ」に対して文化的なアプローチをしたいものです。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | B2B/マーケティング このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。