2016年06月24日

パワーリハビリ

「パワーリハビリ」というのを下記の記事を読んで知りました。
介護といえば、食事や入浴の解除など生活のサポートが主ですが、この「パワーリハビリ」は、ジムにあるようなトレーニングマシーンでトレーニングをして筋力アップをさせることによって利用者の動作機能を維持させるというものです。

青森県弘前市の介護施設が「パワーリハビリ」を取り入れたところ約8割に介護度を改善したり重症化を防ぐ効果があったとのことです。また、弘前市も専用マシーンを購入する施設に補助金を出すなど積極的に後押しをしています。これは、利用者にとっても利用者の家族にとっても非常に素晴らしいことではないでしょうか。介護度が改善されたら、利用者が減るという懸念もあるでしょうが本当に利用者のためになりますし、回復した筋力や動作機能を維持させるために利用者も通いつづけるのではないかと思います。

弘前の介護施設が「パワーリハビリ」導入(東奥Web)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160621014690.asp

フィットネスというと私の認識では、裕福層がダイエット目的でやったり肉体美を目指す方がするものと思っていましたが、ほぼ同様のトレーニングが要介護の人々のリハビリに活用にされていることに驚きました。

日本の人口比は、今後老人の人口がどんどん増えていきます。フィトネスクラブを経営されている方で経営が思わしくない方は、思い切って顧客を老年層に絞り込んだら繁盛するかもしれません。
posted by 京都真創企画部 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年06月15日

足るを知る

人の悪口や不満ばかり言っている人は、不幸せだと思います。
感謝して心が満たされることがないからです。
そういった人の話を聞いてみると、言っていることは大抵正しいしいのです。
でも、人の悪いところばかり目について良いことろ見る目が曇っている場合が多いと感じます。
良くしてもらったことを忘れて、あるいは見えずに不平不満ばかりを持っているとストレスが溜まります。

人の良いところを見て、悪いところは少しくらいなら目をつむって、小さな幸せや縁する人々に感謝して過ごした方が
「私は悪くない。〜が悪い。」と人の悪いところばかり気にしながら生きるより、豊かな人生ではないでしょうか?

人の悪いところを見つける達人は多くいますが、
人の良いところを見つける名人は少ないような気がします。
人が人を批判する時の得意げな顔ほど醜いものはありません。

誰しも生きていると色々あると思いますが、
多分、悪いことより、いいことの方が少し多いと思います。
と楽天的な考えでいさせてくれる私のまわりの人々に感謝致します。

企画部:北

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年04月27日

時の長さ

私は、今年で38歳。立派なアラフォーです。
私の年齢など皆様、ご興味はないでしょうが当の本人からすれば大問題です。
正直、20代の時にかくありたしと思い描いたような立派な大人にはなれていません。
特に30代に入ってからは、あっという間だったと思います。

時の流れは、赤ちゃんのも18歳の若者も、アラフォーのおっさんである私にも常に同じです。
1秒は、1秒ですし、1年は1年です。
誰にとっても時計の針が進む速度は平等です。

現在進行形中の時間は、誰にとっても同じですが、過去の記憶を振り返ってみれば、10代や20代は、色々なことがあって長かったような気がしますが、30代に入ってからは、時間があっという間に過ぎてしまったような気がします。
幼少や若者の時代は、初めての経験や記憶がたくさんあるので、たくさんの思い出があるので覚えていることが多いのです。子供のころ親につれて行ってもらった家族旅行、初めての恋、一緒のバカをやった友達、受験のこと、就職、初めての仕事、初めてのクレーム等、良いことも悪いことも感動したり悩んだりしたことは、思い出として記憶に刻まれます。
しかし、要領を覚えてうまく立ち回っていたとしても感動が薄ければ記憶には残りません。

ですから、あっという間に過ぎて行く日々とは、平穏であっても感動の少ない日々なのです。
時間は、記憶を振り返る中では、不平等なものなのです。
どうせ生きて行くのなら、誰しも豊かな人生を送りたいものです。
「あっという間に、1年が過ぎるなぁ。」と思っていらっしゃる方は、非常にもったいないことをされているかもしれません。
後何年の寿命があるのかは、分かりようもありませんが、死の間際に見るという走馬灯が、あっという間に終わってしまわないように、仕事もプライベートも感動の多い人生を送れればいいなぁと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。