京都真創では、健康食品・サプリメント事業にご興味のある、新規参入をお考えの事業者様に向けて、無料レポート『健康食品ビジネスマニュアル』をご用意しております。

初めてで不安を感じられる場合も、健康食品業界の大まかな概要をまとめておりますので、どうぞお気軽にご請求ください。

manual_b.jpg
健康食品ビジネスマニュアルの無料プレゼントはこちら

2010年03月05日

仮面舞踏会

こんにちは北です。

バンクーバーオリンピックがとうとう終わりました。
寝不足の日々もひとまずこれで終焉です。

たんさんのドラマと感動をありがとうございました。
特にフィギュアスケートは、男女ともに見応えがありましたね。
銀メダルの浅田選手、銅メダルの高橋選手はもちろんですが、出場した全選手全員が入賞という快挙です。

浅田選手は、トリプルアクセルを3回も成功させるという世界初の快挙を成しながらも金メダルを取れず本当に残念でしたが、オリンピックという最高峰の戦いの場で、今まで誰も出来なかった難しい技に挑戦しまた成功させるその姿に心から感動しました。

たしかに金メダルを取れていたら最高だったかもしれませんが、私は彼らの壁を乗り越えようとリスクを恐れない姿。また、失敗しても最後まであきらめない、あくまでもベストをつくす姿勢に感動しました。

ずっと応援しますから4年後のソチオリンピックも頑張ってください。

さて、オリンピックの余波というのでしょうか?
浅田選手がショートプログラムで使った「仮面舞踏会」が収録されたCDの売り上げが5倍以上になっているそうです。
私も浅田選手のショートプログラムみてから「仮面舞踏会」のドラマチックな旋律が耳に残ったので、購入してしまいました。

生まれて初めて購入のクラッシックのCDです。
最近は、毎日帰宅後に聞いて悦に入っています。
オススメです。良かったら聞いてみてください。

ハチャトゥリャン: 管弦楽作品集 ~剣の舞
ハチャトゥリャン: 管弦楽作品集 ~剣の舞

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年02月19日

「板垣死すとも、自由は死せず」

こんにちは北です。

先日、俳優の藤田まことさんがお亡くなりになりました。
私、藤田氏主演の「必殺仕事人」のファンでしたので誠に残念です。

(近頃 世間で流行るもの 押し込み強盗 高利貸し賄賂をもらう えれえ人
金 金 金の世の中で泣くのは弱い者ばかり涙をふいて おいでなせえ恨みをはらす 仕事人陰膳据えて 待っておりやす)

あの哀愁ただよう名演技が見れなくなるのは寂しい限りです。

悲しい話題だけで終えたくないので、蛇足ながら、書店でふと手に取った書籍に心に残るフレーズがありましたのでご紹介致します。


私の行動が国家の害と、思ったらもう一度刺してもかまわぬ。

これは、板垣退助の言葉です。

板垣退助と言えば「板垣死すとも自由は死せず。」と言う名言で有名ですが、実は、そのお話にはつづきがあったそうです。

1881年自由党総裁になった板垣は、翌年岐阜で遊説中に暴漢に襲われました。
短刀で数箇所を刺されながらも、「板垣死すとも、自由は死せず」と叫んだという。

明治憲法が発布されると板垣を襲った暴漢は特赦によって出獄、板垣の元へと謝罪に訪れました。(これも板垣自身が特赦嘆願書を明治天皇に提出したそうです。)

すると、かつて自分の命を狙った男に対して板垣は、
あれは君の私怨から出たものではなく、国家を思ってのことだろう。
私は君をとがめるつもりはない。私の行動が国家の害と思ったら、
もう一度刺してもかまわぬ。

出典:
革命家100の言葉
革命家100の言葉



同じ総裁でも悪いことは秘書のせいにするお方とは大違いですね。

必殺仕事人のナレーションではありませんが(金 金 金の世の中で泣くのは弱い者ばかり)にしてはいけません。政治家の不祥事は、彼らを選んだ我々国民の不祥事でもあります。

今は、板垣退助らが身命を賭して礎を築いた民主主義の世の中ですから、汚職政治家を襲うようなことは許されませんが、悪い政治家を許さない気概を持たなければならないと思いました。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年02月12日

潜在的国民負担率52.3%

こんにちは、北です。
昨日の報道ステーションでショッキングなニュースを見ました。

なんと!?
2010年度の国民負担率が39%になるとの見通しを財務省が発表したとのこと。

「国民負担率」とは、
税金+社会保障費(社会保険料の支払いなど)÷国民所得=国民負担率
のことです。

簡単に言うと我々が新たに生み出した富から、お上が召し上げる割合ですね。

さらに!!
将来の国民負担となる財政赤字も加えた「潜在的国民負担率」は52.3%!!!

つまり、「五公五民」以上になる可能性が非常に高い・・・、多分ならざるをえない(T_T)ということらしいです。
思わず「江戸時代か!!」とつっこみたくなる割合ですね。

老後が安心であったり病気になっても大丈夫な社会にして頂けるのであれば、5割が6割になったとしても文句はありませんが・・・。


さて、昨日の2月11日は、「建国記念の日」でした。

日本開闢より2670年目の記念日です。
2670年は、少し誇張があるかもしれませんが
日本は、少なくとも2000年近い歴史のある国です。
現存する国家の中でも老舗中の老舗ですよ!

私は、我が国の歴史に誇りを持っています。
だから100年後の子孫達にも「日本に生まれて本当に良かった。」
と思ってもらえる良い国にしたいと思っています。

政府のみなさまへ
「税金や社会保障費のご利用は計画的に・・・。」
お願い致します。

我々国民や、また企業も日本の未来のために何をすべきか?何ができるか?を考えるべき時期に来ていると思います。

とりあえずは、たくさんの税金をお納めできるようにお仕事を頑張ろうと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:建国記念日
posted by 京都真創企画部 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク


お客様のイメージをカタチにするのが私たちの仕事です。 オリジナル商品の開発がはじめてのお客様でも細かくサポートさせて頂きますので、何でもご質問・お問い合わせください。

OEMについてのお問い合わせはコチラ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。