2010年08月27日

エコの金額

昨今、エコが流行です。
エコカー減税、エコポイント、エコ○○
猫も杓子もエコロジーな毎日です。

私もエコロジーに疑念を抱きつつも、
少し興味もある今日この頃です。

だっておかしいと思いませんか?
国によってCo2の削減目標が違うのってアンフェアだと思います。
本当に人類の将来のために必要なことであるのなら
何故、同じモノサシを使わないのでしょうか?
例えば「GDP $100あたりCO2排出が ○○kgまでに抑えなければならない」 といったGDPベースの基準が一番公平だと思います。

以下産経ニュースより引用
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100806/env1008060800000-n1.htm
温暖化防止への負担「月に2856円ならOK」
2010.8.6 07:59
 地球温暖化防止で負担してもよい金額は月「2856円」−。
ミツカン水の文化センター(東京都中央区)が行った水にまつわる生活調査で、こんな結果が出た。
調査は、主に首都圏、京阪神、中京圏に住む20〜60代の男女1500人にインターネットで実施した。
 それによると、「地球温暖化ストップのために払ってもよい金額」を月額で聞いたところ、
1千〜2千円未満が33%で最も多く、次いで5千〜1万円が27・8%と二極化の傾向がみられた。
平均は月額2856円で、「0円」との回答も11・5%あった。
 「100年後の水をとりまく環境」について、複数回答で予測を聞いたところ、
「環境税が導入されている」(37・2%)、「水道料金の高騰」(31・9%)と家計への負担増のイメージが先行。
そんな中、「水処理技術の進歩で海水が飲める」(24・5%)が3位に入った。


地球温暖化防止で負担してもよい金額は月「2856円」という結果がでたそうです。

私でも「地球環境のためになるなら、それくらいの金額なら仕方無いのかなぁ〜。」と納得しそうな金額です。
(薄給の私でもなんとか負担できそうです。)
月額2856円と言うのは、過度な負担感無く出費できる金額に近いのかもしれません。

実際に、健康食品の商品単価も1,500円〜3,000円までの商品の売れ行きが好調なような気がします。エコが大切と言いながらも、今年のこの猛暑で今月の電気代がいくらかかったかがすごく不安です。

企画部 北

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:エコ
posted by 京都真創企画部 at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年08月20日

甲子園の土って買えたのですか!?

以下産経ニュースより引用
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100818/biz1008181206007-n1.htm
「甲子園の土」注文殺到し、わずか10日間でファン向け販売中止
2010.8.18 12:04
biz1008181206007-p1.jpg
甲子園球場と同じ配合の「阪神園芸グラウンドキーパーの土」。野球ファンにとっては、10日間だけ販売された“幻の土”となった。

全国の高校球児の聖地・阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)のグラウンド整備を担っている阪神園芸(同)が球場と同じ配合の土を個人向けに販売したところ、注文が相次ぎ、わずか10日で中止することになった。試合に敗れた球児たちが持ち帰る「甲子園の土」。販売されたのは実際に球場で使われた土ではないが、ファンの愛着は格別なようで、今後も野球関係者にはグラウンド整備用としての販売は続けるという。
  
記念に、観賞用…15リットル2310円、1度に5袋の注文も
 甲子園球場の土は鹿児島や鳥取県産の黒土と白砂を配合し、水はけがよいのが特徴。日差しが強い夏はボールが見えにくくなることを考慮して黒土の割合を増やすなど、季節によって配合を変えている。
 同社はこれまで、同じ配合の土を全国の野球関係者を対象にトン単位で販売。昨年は静岡県の私立高校野球部が約48トン(4万リットル)、高知県内の市営球場は約30トン(2万5千リットル)を購入するなど、約20件の注文があったという。
 しかし小口販売の要望も多かったため、園芸用の土と同様の15リットルの袋入りにして、「阪神園芸グラウンドキーパーの土」として1袋2310円で売り出すことを決定。今月1日に販売を始めたところ、全国各地の野球ファンからの注文が殺到し、売り上げの9割を小口購入が占めた。担当者が球場で実際に使われていた土ではないことを説明しても、「記念に欲しい」「観賞用として買いたい」と、1度に5袋注文する人もいたという。
 このため、同社はこのままでは、「野球場の整備のために使ってほしい」という本来の目的にあった利用者の元に土を届けられない状況になってきたうえ、個人用に販売した土がネットオークションで転売される可能性も心配されるため、方針を転換。土の購入条件を「球場関係者のみ、10袋以上から」に変更した。阪神園芸の担当者は「野球ファンの方々の甲子園への愛着の強さが改めて伝わってきた。大変申し訳ないが、整備用の販売に限定したい」と話している。

買えると知っていたら私も買っていたことでしょう。
正確には、「甲子園の土」ではなく「甲子園と同じ土」ですが・・・。
関西では、「ワシが死んだら、骨を甲子園に撒いてくれ。ひとかけらでもええんや〜。」
と遺言する阪神ファンが年間で推計10万人(ウソ)おられるそうです。

10日間だけ販売された“幻の土”となりましたが、
お土産に持っていったらウケたでしょうね。
非常に残念です。

企画部 北

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:甲子園
posted by 京都真創企画部 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年07月23日

「やばい」と「僕」

「みんなでニホンGO !」という番組を最近気に入っています。

老若男女100人のパネラーが、現在日本語の用法及び単語の可否をディ
スカッションする番組です。

7月22日のテーマは、「やばい」と「僕」
「ヤバイ」は、本来は「危険な」という意味ですが最近は、“良い意味”で
使われています。例えば「このラーメンやばい(美味しいの意)よね〜♪」

その使い方は、やばい(ダメ)と私は、思いますが・・・。
その語が何故に本来の意味から転じて、そういった意味で使われるようにな
ったのか?といった由来や歴史と掘り下げていてなかなか興味深い番組なの
です。

「僕(ぼく)」は、元は「僕(やつがれ)」「僕(しもべ)」と読み、「ぼく」とは読まなかったそうです。本来は、「やつがれ」は、へりくだって自分のことをいう一人称。
「しもべ」は、下男や召し使いという意味でした。

「僕」を「ぼく」と読んで、一人称として使用した元祖は、幕末に活躍した吉田松陰と彼に師事した松下村塾系の志士達です。
松下村塾系の若き志士達は「僕(ぼく)」を(平等な意味での)一人称として使用し、身分の垣根を超えて活動しました。
それが、他藩の志士達にも流行し日本語として定着したとのことです。

「僕(ぼく)達は、同志だ。平等だ。一緒にやろうぜ!」
といった気持ちで「ぼく」と言ったのでしょうか。
「一君万民思想」(天皇の元に日本人は、平等である。)という考えは、
志士達の間では、当時最新かつカッコイイ思想だったのです。
「僕(ぼく)」という一人称には、そういた思想語としてのカッコイイ響きがあったようです。

といったことを念頭に置いて大河ドラマ「龍馬伝」を見られたら面白い
と思います。高杉晋作や桂小五郎が格好良く見えること請け合いです。


しかし、第二次世界大戦後の敬語のガイドラインで、
「(社会人になっていない)未成年の男子の一人称」に格付けされました。

みなさんは、一人称は、何を使用されますか?
私は、仕事では、「私(わたし)」
プライベートでは、「僕(ぼく)」です。
たまに仕事中でも「僕(ぼく)」と言ってしまいます。

敬語のガイドラインで、「(社会人になっていない)未成年の男子の一人称」とのことですが、35歳の僕が使ったら、まずいのでしょうか?
まあ、幕末の志士のように熱いハートを持っているというこで、勘弁してください。

特に、一人称について深く考えたのはおそらく生まれて初めてですが、
チョイスする一人称により(他の人から見たその人の)イメージが変わるかもしれませんね。

だって、コロ助が「ワガハイ」、ハットリくんが「拙者」、西郷隆盛が「オイドン」じゃないとオカシイと思いませんか?

企画部 北

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。