2010年07月23日

「やばい」と「僕」

「みんなでニホンGO !」という番組を最近気に入っています。

老若男女100人のパネラーが、現在日本語の用法及び単語の可否をディ
スカッションする番組です。

7月22日のテーマは、「やばい」と「僕」
「ヤバイ」は、本来は「危険な」という意味ですが最近は、“良い意味”で
使われています。例えば「このラーメンやばい(美味しいの意)よね〜♪」

その使い方は、やばい(ダメ)と私は、思いますが・・・。
その語が何故に本来の意味から転じて、そういった意味で使われるようにな
ったのか?といった由来や歴史と掘り下げていてなかなか興味深い番組なの
です。

「僕(ぼく)」は、元は「僕(やつがれ)」「僕(しもべ)」と読み、「ぼく」とは読まなかったそうです。本来は、「やつがれ」は、へりくだって自分のことをいう一人称。
「しもべ」は、下男や召し使いという意味でした。

「僕」を「ぼく」と読んで、一人称として使用した元祖は、幕末に活躍した吉田松陰と彼に師事した松下村塾系の志士達です。
松下村塾系の若き志士達は「僕(ぼく)」を(平等な意味での)一人称として使用し、身分の垣根を超えて活動しました。
それが、他藩の志士達にも流行し日本語として定着したとのことです。

「僕(ぼく)達は、同志だ。平等だ。一緒にやろうぜ!」
といった気持ちで「ぼく」と言ったのでしょうか。
「一君万民思想」(天皇の元に日本人は、平等である。)という考えは、
志士達の間では、当時最新かつカッコイイ思想だったのです。
「僕(ぼく)」という一人称には、そういた思想語としてのカッコイイ響きがあったようです。

といったことを念頭に置いて大河ドラマ「龍馬伝」を見られたら面白い
と思います。高杉晋作や桂小五郎が格好良く見えること請け合いです。


しかし、第二次世界大戦後の敬語のガイドラインで、
「(社会人になっていない)未成年の男子の一人称」に格付けされました。

みなさんは、一人称は、何を使用されますか?
私は、仕事では、「私(わたし)」
プライベートでは、「僕(ぼく)」です。
たまに仕事中でも「僕(ぼく)」と言ってしまいます。

敬語のガイドラインで、「(社会人になっていない)未成年の男子の一人称」とのことですが、35歳の僕が使ったら、まずいのでしょうか?
まあ、幕末の志士のように熱いハートを持っているというこで、勘弁してください。

特に、一人称について深く考えたのはおそらく生まれて初めてですが、
チョイスする一人称により(他の人から見たその人の)イメージが変わるかもしれませんね。

だって、コロ助が「ワガハイ」、ハットリくんが「拙者」、西郷隆盛が「オイドン」じゃないとオカシイと思いませんか?

企画部 北

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年07月16日

ブスの25ヶ条

こんにちは。北です。

宝塚歌劇団の誰もが目にする壁に、
いつのころからか貼ってあったそうです。

[ブスの25ヵ条]
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.精気がない
5.目が輝いていない
6.いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さく、イジケている
11.自分が正しいと信じ込んでいる
12.グチをこぼす
13.他人をうらむ
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人に嫉妬する
17.他人につくさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなく傲慢である
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことにキズつく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.人生においても仕事においても意欲がない
25.存在自体が周囲を暗くする



多分、あなたが嫌いな人も[ブスの25ヵ条]の項目に多く該当するのではない
でしょうか?

明るく笑顔が大切です。
私も取引先に、お電話をした時に取り次いでくれた方が愛想がないと「担当
の人は優秀でいい方なのになぁ・・・。」と同情してしまいます。
担当者は信頼できても会社は、大丈夫なのかな?と心配になるからです。

[ブスの25ヵ条]に該当する人ほど、他人に対して細かいことをグチグチと言う傾向がありますが、笑顔はタダです。
ネガティブな人は、周りの人間のやる気までをも奪います。

「人と目があったらニコっと笑顔。」「大きな声で挨拶する。」あたりまえのことだと思いますが、それができていない人がたくさんいるのも事実です。

今日も元気に頑張りましょう♪

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:宝塚歌劇団
posted by 京都真創企画部 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年02月12日

潜在的国民負担率52.3%

こんにちは、北です。
昨日の報道ステーションでショッキングなニュースを見ました。

なんと!?
2010年度の国民負担率が39%になるとの見通しを財務省が発表したとのこと。

「国民負担率」とは、
税金+社会保障費(社会保険料の支払いなど)÷国民所得=国民負担率
のことです。

簡単に言うと我々が新たに生み出した富から、お上が召し上げる割合ですね。

さらに!!
将来の国民負担となる財政赤字も加えた「潜在的国民負担率」は52.3%!!!

つまり、「五公五民」以上になる可能性が非常に高い・・・、多分ならざるをえない(T_T)ということらしいです。
思わず「江戸時代か!!」とつっこみたくなる割合ですね。

老後が安心であったり病気になっても大丈夫な社会にして頂けるのであれば、5割が6割になったとしても文句はありませんが・・・。


さて、昨日の2月11日は、「建国記念の日」でした。

日本開闢より2670年目の記念日です。
2670年は、少し誇張があるかもしれませんが
日本は、少なくとも2000年近い歴史のある国です。
現存する国家の中でも老舗中の老舗ですよ!

私は、我が国の歴史に誇りを持っています。
だから100年後の子孫達にも「日本に生まれて本当に良かった。」
と思ってもらえる良い国にしたいと思っています。

政府のみなさまへ
「税金や社会保障費のご利用は計画的に・・・。」
お願い致します。

我々国民や、また企業も日本の未来のために何をすべきか?何ができるか?を考えるべき時期に来ていると思います。

とりあえずは、たくさんの税金をお納めできるようにお仕事を頑張ろうと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:建国記念日
posted by 京都真創企画部 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。