2010年07月16日

ブスの25ヶ条

こんにちは。北です。

宝塚歌劇団の誰もが目にする壁に、
いつのころからか貼ってあったそうです。

[ブスの25ヵ条]
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.精気がない
5.目が輝いていない
6.いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さく、イジケている
11.自分が正しいと信じ込んでいる
12.グチをこぼす
13.他人をうらむ
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人に嫉妬する
17.他人につくさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなく傲慢である
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことにキズつく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.人生においても仕事においても意欲がない
25.存在自体が周囲を暗くする



多分、あなたが嫌いな人も[ブスの25ヵ条]の項目に多く該当するのではない
でしょうか?

明るく笑顔が大切です。
私も取引先に、お電話をした時に取り次いでくれた方が愛想がないと「担当
の人は優秀でいい方なのになぁ・・・。」と同情してしまいます。
担当者は信頼できても会社は、大丈夫なのかな?と心配になるからです。

[ブスの25ヵ条]に該当する人ほど、他人に対して細かいことをグチグチと言う傾向がありますが、笑顔はタダです。
ネガティブな人は、周りの人間のやる気までをも奪います。

「人と目があったらニコっと笑顔。」「大きな声で挨拶する。」あたりまえのことだと思いますが、それができていない人がたくさんいるのも事実です。

今日も元気に頑張りましょう♪

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村


タグ:宝塚歌劇団
posted by 京都真創企画部 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2010年02月12日

潜在的国民負担率52.3%

こんにちは、北です。
昨日の報道ステーションでショッキングなニュースを見ました。

なんと!?
2010年度の国民負担率が39%になるとの見通しを財務省が発表したとのこと。

「国民負担率」とは、
税金+社会保障費(社会保険料の支払いなど)÷国民所得=国民負担率
のことです。

簡単に言うと我々が新たに生み出した富から、お上が召し上げる割合ですね。

さらに!!
将来の国民負担となる財政赤字も加えた「潜在的国民負担率」は52.3%!!!

つまり、「五公五民」以上になる可能性が非常に高い・・・、多分ならざるをえない(T_T)ということらしいです。
思わず「江戸時代か!!」とつっこみたくなる割合ですね。

老後が安心であったり病気になっても大丈夫な社会にして頂けるのであれば、5割が6割になったとしても文句はありませんが・・・。


さて、昨日の2月11日は、「建国記念の日」でした。

日本開闢より2670年目の記念日です。
2670年は、少し誇張があるかもしれませんが
日本は、少なくとも2000年近い歴史のある国です。
現存する国家の中でも老舗中の老舗ですよ!

私は、我が国の歴史に誇りを持っています。
だから100年後の子孫達にも「日本に生まれて本当に良かった。」
と思ってもらえる良い国にしたいと思っています。

政府のみなさまへ
「税金や社会保障費のご利用は計画的に・・・。」
お願い致します。

我々国民や、また企業も日本の未来のために何をすべきか?何ができるか?を考えるべき時期に来ていると思います。

とりあえずは、たくさんの税金をお納めできるようにお仕事を頑張ろうと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:建国記念日
posted by 京都真創企画部 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年12月18日

デフレ

こんにちは、北です。

今度、新年早々に引越しをすることになりました。
私は引越しが好きで、故郷の奈良県から京都に来て10年ですが、
次で6件目の新居になります。
どうも私は、ストレスがたまると引越しがしたくなるようです。

早速、元プロボクサーのCMで有名な某引越し業者さんに御見積に来て頂きました。
京都市内から京都市内での近距離な引越しですが、さて、引越し代はいくらだと思いますか?
(ちなみに、私はひとり暮らしのわりには荷物はかなり多い方だと思います。)


御見積は、なんと!22,000円!?
安すぎませんか?
だって2t車を出してもらって、運搬担当の方が2名来てくれるのですよ。
まあ、レンタカーでトラックを借りる代金と、知人にきてもらって何らかのお礼をするよりははるかに安いですよね。

私は思わず、
「安すぎるでしょう。申し訳ないのでもう少し取ってください。」
と言ってしまいましたが、

「1月は、正直暇なのでこの料金で結構です。ただ、繁忙期の2月後半〜4月前半の時期ならもっと高い御見積になります。」
とのことでした。

さすが、CMで「真面目にやってきたから大きくなった。」と言っているだけあって正直です。
ただ「確実に、去年よりも引越しの単価は下がっています。」とおっしゃっていました。

同業者同士での顧客の取り合いが厳しいので、競争の中で料金が安くなってきているのでしょう。
また、今回は不動産屋さんからの紹介で、引越し業者さんからお電話を頂いたので(不動産屋さんで新居を決めて次の日のAM9時にお電話頂きました。←素早いですね)この安い料金のなかから、おそらくいくばくかを不動産屋さんに紹介料としてキックバックされることと思います。

思わず、こんなところでデフレを実感しました。

早く景気が良くなって(給料も上がって)、みんなが適正価格で気分良く買い物ができるような世の中になって欲しいですね。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:引っ越し
posted by 京都真創企画部 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。