2009年12月11日

目覚めとストレスの関連性

こんにちは、北です。

みなさんは「朝」は強い方ですか?弱い方ですか?

朝の目覚めは、ストレスと関連性があって上司と関係が悪かったり仕事の満足度が低いと目覚めが悪くなるそうです。

寝坊の言い訳ではありません。
北里大などの研究で判明した事実です。
部下をお持ちの方は、部下が眠たそうにしているのを怒るだけでなく、時には飲みに誘ってコミニュケーションをはかってみられては如何でしょうか?部下の寝坊が治るかもしれませんよ。


目覚め、ストレスと関連…20代は上司左右
 朝の目覚めの良さは、仕事のストレスなどを反映し、20代は上司との関係、30代は仕事の満足度、40代はリラックスできる時間の有無が最も影響していることが、北里大などの調査でわかった。

 横浜市で開催中の日本ストレス学会で5日発表する。
 北里大は、企業のメンタルヘルスを助言する日本ヴィクシーと共同で、東京都内の情報通信企業に勤務する20〜40代の社員1500人を対象に、生活習慣やストレス度、意欲などをアンケート。〈1〉朝の目覚め〈2〉仕事中の眠気〈3〉休日の寝だめの3項目から睡眠の充足度を「高い」「普通」「低い」の3段階に分け、ストレスとの関係を調べた。
 その結果、充足度の低い群は、高い群に比べてストレスを訴える割合が高く、「会社に行くのがつらい」「ぼーっとする」「集中力が低下する」と答えた人が、それぞれ11・7、11・4、6・6倍も多かった。
 さらに、朝の目覚めの良さには、何が一番影響しているか詳しく分析したところ、20代では「上司との関係」など、年代によってストレスの原因が違っていた。
(2009年12月5日14時39分 読売新聞)

私自身は、生活の中で仕事が一番大切だと考えていますが、頑張りすぎてストレスをためこむのも仕事に悪影響がでるみたいですね。適度にストレスを解消することが大切なのですね。

私は、愛する阪神タイガースが強ければストレスが消えてしまうのですが・・・・。
アッチソンが帰国して赤星選手も引退してしまったので来年は、ストレスをためてしまうかもしれません。

ちなみに、私のボスは私のストレスにはさほどならないようで、案外と私は早起きですよ。
最近は、会社に一番のりをして同僚が出勤する前に自分の一日のスケジュールを立てるのを日課にしています。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村


posted by 京都真創企画部 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年11月27日

面白くない仕事!?

こんにちは北です。

もう冬ですね。
会社前の道路にてイチョウ並木の葉が刈られて丸坊主にされていました。
落ち葉が舞うからでしょうか?
美しく紅葉したイチョウを丸坊主にするなんて野暮ですよね。
イチョウは、紅葉を楽しむために植えられていると思っていましたがどうも違ったようです。

イチョウ並木も丸坊主になったところで、いよいよ冬のおとずれを感じる今日このごろです。
野球のペナントレースが終わり早く帰宅してもTV中継が無いのでさみしい日々でが、ストーブリーグを楽しみにスポーツニュースを見ています。

なんといっても、一番の注目は阪神の元監督である岡田さんが、オリックスの監督に就任したことです。

岡田監督は、記者に
「どのような野球を目指しますか?」と問われて
「面白くない野球をやる」と答えていました。

最適のオーダーを組み、阪神時代のJFKのような明確な役割分担をして、勝つべくして勝つチームをつくりたいとのことだと思います。

近年は、時代や流行の変化が非常に早くなっています。
我々も時代に合わせて変化しながらも「JFK」のような必勝リレーのごとく儲けるための仕組みを構築していかなければと思います。
「面白くない仕事!?」をしたいですね。

私は、生粋の阪神ファンですが、岡田監督のファンでもあるので交流戦での「阪神vsオリックス」以外は、岡田オリックスも応援したいと思います。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年10月09日

「いのち」って何なのでしょう?

こんにちは北です。

年間33,249人、

これは去年国内で自ら命を絶った人の人数です。

全死亡者数は、1,142,407人なので去年亡くなった方の33人にひとりが自殺で亡くなっているのです。

また、約25万人の胎児が中絶でちいさなちいさな命を生まれる前に無くしています。
昨年の出生者数は、約109万人です。5人にひとりは、生まれてくることすらできなかったのです。

悲しいことだと思います。


「いのち」って何なのでしょう?


一昨日、たまたま見たTV番組である少女が書いた「詩」が紹介されていました。
5歳のときに発症した神経芽細胞腫と5年半にも及ぶ闘病生活の末、11歳という短い生涯を終えた少女が、亡くなる4ヶ月前に書いた「命」という詩です。

「命」 宮越由貴奈(小4)
命はとても大切だ
人間がいきるための電池みたいだ
でも電池はいつか切れる
命はいつかなくなる
電池はすぐにとりかえられるけど
命はそう簡単にとりかえられない
何年も何年も
月日がたってやっと
神さまから与えられるものだ
命がないと人間は生きられない
でも
「命なんかいらない。」
と言って
命をむだにする人もいる
まだたくさんの命つかえるのに
そんな人を見ると悲しくなる
命は休むことなく働いているのに
だから、私は命が疲れたと言うまで
せいいっぱい生きよう


涙が止まりませんでした。

「僕は、この11才の少女より精一杯生きていない」
と思いました。幼い彼女は、病の中でもとても懸命に生きました。

一度失った命は、二度と戻りません。

「命をむだにする人もいる まだたくさんの命つかえるのに そんな人を見ると悲しくなる」

私は、幸いにして健康で、たくさんの人々に支えられて生きています。

「ご縁」と「何でもない毎日」に感謝します。
ありがとうございます。

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。