2009年08月07日

『バラク・オバマ』≒『伊達正宗』

こんにちは
北です。

アメリカ人に「ユー アー オバマ!」
と言われたらそれは、褒め言葉です。

お笑い芸人のノッチさんに似ているという意味ではありません。
(一般のアメリカ人はノッチさんを知らないと思いますが・・・。)

今アメリカでは、「オバマ」≒「かっこいい」といったニュアンスでの形容詞として用いられているそうです。

↓詳しくはこちらの記事を
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090804/amr0908041506009-n1.htm
UCLAが俗語辞典を改訂、「オバマ」は形容詞に(MSM産経ニュース)

日本語でも個人の名前由来の「カッコイイ」という意味の言葉があります。

それは伊達正宗の「ダテ」です。
「男伊達」、「伊達男」、「伊達者」、「伊達眼鏡」
といった使い方をします。

朝鮮出兵時の伊達家部隊の戦装束が、並みいる大名の軍の中でも最も絢爛豪華で、
「伊達軍が最もカッコイイ」と巷間で評判になりました。

他の軍勢が通過する際、静かに見守っていた京都の住民も伊達勢の軍装の見事さに歓声を上げたそうです。

これ以来派手な装いを好み着こなす人を指して「伊達者(だてもの)」と呼ぶようになったそうです。

しかも、それは派手好みの秀吉が気に入るような戦装束を自分の部隊に着させることで本陣に近い配置を狙い、損害を受けやすい最前線への配置を避けてもらえるように計算があったようです。

ちなみに、なんと『ダースベーター』のモデルは正宗の甲冑だそうです。
page01_07.jpg

↓詳しくは、仙台市HPをごらんになってください。
http://www.city.sendai.jp/soumu/kouhou/s-new9/page01.html

オバマ大統領と伊達正宗の2人に共通するのは、
非常にイメージ戦略が上手なことだと思います。

「人は見た目が9割」という本がヒットしていましたが、
我々サラリーマンも心がけないといけないですね。


健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年07月28日

高校生に教えられたこと

今の季節は、各地で夏の甲子園地区大会が行われています。
昨日、京都大会の決勝を観戦しました。
・・・・熱戦でした。

高校野球は、面白いですね。
プロ野球のようにペナントレースではなく、トーナメント戦なので一度負ければ彼らの夏は終わります。
その一球、その一打の全てが全力プレーです。

その勝者もその敗者も全てを尽くした姿は美しく感動的なのだと思いました。だからこそ高校野球は、人気があるのだと思います。


現在、硬式野球部の部員数は169,449人、加盟校は4,132校。
その高校球児のなかからプロになれるのは、1年で数十人程度。

プロ野球の選手がどれだけ素晴らしい素質や実力を持つのかが、伺い知れます。
お医者様になったり中央官僚になるよりもずっと難しいのです。

私は、プロ野球が大好きなので、愛する阪神タイガースを日々応援する毎日ですが、高校野球を見てプロ野球に対して不満をもちました。

1試合1試合を「もっと全力でプレーして欲しい」と。

だってWBCの時なんてサムライジャパン凄かったじゃないですか!!

日本のプロ選手はもっと凄いパフォーマンスができるはずです。
やればできるのです。

人の熱意は、人のこころを動かせるのです。
自分の半分の年齢である高校球児達のプレーに、教えられました。
テクニックやパワーや経験より「心の熱」の方が時として心をうつのだと。

一球入魂の熱戦を観戦して「今の僕は、いつでも全力プレーできているのか?」と自問しました。

また、社会人としての初心を思い出して「全力プレー」を心がけようと思いました。

最後に、熱戦をくりひろげた福知山成美と龍谷大平安の選手の皆さん
「感動しました。ありがとう!」

阪神タイガースも頑張れ!

健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 京都真創企画部 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

2009年07月21日

「可能性の問題」でしょうか?〜怪談よりも怖い話〜

こんにちは、北です。

先日TVで稲川淳二さんが、「怖い話」をしていました。
私は、その手の話はNGですのでソッコウで他のチャンネルに変えました。
『そろそろ夏も本番だなぁ』と稲川淳二氏に季節の移ろいを感じておりました。

怪談等の幽霊話は、私は非常にキライです。
ですが本日は、それ以上に、『怖い話』をご紹介します。

国と都市を指定すると、その地域を攻撃可能な核兵器がどれだけあるかを教えてくれるサイトです。
↓↓↓
Nukeometer:http://nukeometer.com/

Kyoto Japanで調べてみると

・・・6,277発とのこと。

800px-WMD_world_map_svg.png
上記の画像は、ウィキペディアより引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:WMD_world_map.svg

内訳は、

1,254 USA
4,568 Russia
  192 UK
  176 China
   75 Indeia
    2 North Korea

と出ました。

どこまでの精度の情報かはわかりませんが・・・・。

正直、首筋が寒くなりました。

誰かが、「幽霊より生きている人間のほうが怖ろしい」
と言ってましたが、本当にそうだと思います。

核兵器の廃絶とか環境問題の早急な解決の必要性をだれもが分かりつつも、エゴや経済効率のためにスルーしています。

しかし地獄の釜は、すでに我々の下に口を開けているのです。

以上、「夏の日の怖い話」でした。


健康食品OEMなら京都真創へ
励みになりますので、ぜひクリックお願いします!⇒ビジネスブログ100選
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
タグ:怪談 核兵器
posted by 京都真創企画部 at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 このエントリーを含むはてなブックマーク

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。